2022食のトレンド予測「スーパーフード」ランキング! 2位「アセロラ」、1位は?

日本スーパーフード協会は2022年に日本でブームとなる可能性が高いスーパーフード「2022食のトレンド予測 スーパーフードランキング」を発表。1位「青パパイヤ」、2位「アセロラ」、3位「CBDオイル」となりました。

一般社団法人 日本スーパーフード協会は「2022食のトレンド予測 スーパーフードランキングTOP10」を発表しました。
 

このランキングは海外(主に米国)のリサーチをもとに日本市場の現況の流れとの擦り合わせを行った上で、2022年に日本でブームとなる可能性が高い「スーパーフード」を10品目予測し、ランキング形式で発表するものです。今回はその中からTOP3を紹介していきます。
 

ランキングを発表した「ウェルネスライフジャパン」での展示風景

 

第1位:青パパイヤ

堂々の1位に輝いたのは美容効果も期待できる「青パパイヤ」。オレンジ色に熟す前の青いパパイヤは、酵素の含有量が野菜と果物の中で一番多く、「酵素の王様」と称されています。酵素には消化・代謝をアップして免疫力を高める働きがあり、近年日本でも青パパイヤの生産量が急速に増加。サラダや漬け物などの青パパイヤが家庭料理の健康食材として注目を浴びています。
 

第2位:アセロラ

2位にランクインしたのはスーパーフルーツとも称される「アセロラ」。アセロラは天然ビタミンCがレモンのなんと34倍も含まれているだけではなく、ポリフェノールの含有量も多く、ビタミンCとの相乗効果で免疫をサポートしてくれます。日本でもアセロラを使ったラーメン、かき氷、スムージーなどが続々登場しています。
 

第3位:CBDオイル

3位にランクインしたのは「CBDオイル」。CBDオイルは大麻草から「カンナビジオール(CBD)」という有効成分を抽出したオイルで、大麻、麻薬の精神高揚はなく、リラックス、不眠改善や免疫調整、痛みの緩和などの効果があり、医学論文でも様々な効果が報告されています。コロナストレスの中、CBD製品の売上は米国では2兆円規模と日々増加しており、日本でもCBD専門店が多数オープンしているようです。


>TOP10の結果はコチラ


【おすすめ記事】
今大人気の「マリトッツォ」って、本当に美味しいの?
ローソンが「糖質オフ」のおにぎりや冷し麺など5品を発売! 「大豆たんぱく」や「もち麦」を使用
「カップヌードル」が高級ホテル料理に! 「謎肉」を使ったスイーツなどコラボメニューが斬新
「おにぎりの具」人気ランキング! 3位「鮭」、2位「明太子」、1位はやはり…!


【関連リンク】
プレスリリース

 
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」