Amazonは「子どものデジタルデバイス利用」に関する調査結果を発表しました。2019年9月6〜7日と2021年4月23〜26日の期間で、「3歳から小学校高学年の子ども」を持つ20代~40代の男女約600名を対象に調査を実施。
 

子どもに渡すデバイス1位は「タブレット」

子ども専用のデバイスは「タブレット」が人気

子どもに渡すデバイスは「タブレット」(32.7%)と最多で、次いで「ゲーム機」(31.9%)、「スマートフォン」(22.8%)と続きました。タブレットは2019年の20.8%と比較すると約10%上昇しており、タブレットを子どもに渡す流れが加速していることがうかがえます。
 

デジタルデバイスの良さは、子どもが「飽きないこと」

「子どもが飽きずに使い続けられる」というメリット

子どもにデバイスを渡したところ、未就学児では50.5%、高学年では41.3%の保護者が「子どもが飽きずに使い続けられる」という効果を感じているようです。

保護者からは「深海に興味を持つようになり、自分で色々検索したりして知識を深めていった。深海図鑑なども買って本も読むようになったし、魚や蟹の絵を描くようになった。(未就学児の保護者)」など声が寄せられました。
 

子どものデバイス利用について「使わせたくない」が減少傾向に

子どもにデバイスを「まったく使わせたくない」保護者は減少

子どものデバイス利用について「まったく使わせたくない」と回答した人が、平日で20.9%(2019年)から14.4%(2021年)に低下し、休日で15.2%(2019年)から8.7%(2021年)に低下。デバイス利用に前向きな保護者が増えている様子がうかがえます。
 
【おすすめ記事】
コロナ禍ならではの「子育て川柳」思い出や苦労が詰まった優秀作5選
子どもの人気の習い事 3位「英会話教室」2位「塾」1位は? 20年前から最も増えている習い事はやっぱり……
習い事をたくさんやらせるのは、子供のためにいいこと?
子育て中の共働き夫婦の家事分担! パパ担当の家事、3位「お風呂掃除」、同率1位は「各種支払い手続き」と……?
家事の優先順位ランキングTOP10!やらなきゃまずい仕事はどれ?
 
【関連リンク】
プレスリリース