タンパク質も取れる! 食用コオロギを使ったクッキー&クランチ、徳島大学発のベンチャーが発売

徳島大学発フードテックベンチャーのグリラスは、国内で安心安全に生産された食用コオロギを用いて開発した菓子「C. TRIA Cookie(シートリア クッキー)」と「C. TRIA Crunch(シートリア クランチ)」を発売しました。

徳島大学発フードテックベンチャーのグリラスは、国内で安心安全に生産された食用コオロギを用いて開発したお菓子「C. TRIA Cookie(シートリア クッキー)」と「C. TRIA Crunch(シートリア クランチ)」を発売しました。第1弾となる同商品に限り、日本国内向けの配送料を無料としています。

「C. TRIA Cookie(シートリア クッキー)」と「C. TRIA Crunch(シートリア クランチ)」


 

食料危機とフードロス、相反する問題の解決に期待される「昆虫食」

今後見込まれる急激な人口増加に伴う飢餓や栄養不良といった食料問題――特に喫緊の課題であると言われている動物性タンパク質への対応と、現在直面しているフードロスの問題。
 

そんな相反する問題を解決すべく商品化されたブランド「C. TRIA(シートリア)」は、徳島大学における25年を越える研究を基礎とした、世界でもトップレベルのコオロギに関する知見やノウハウを活かし開発されました。
 

「C. TRIA Cookie」「C. TRIA Crunch」の各種詳細


第1弾となるお菓子シリーズには、粉末状にしたコオロギが使用されています。「C. TRIA Cookie」は、ココアとハーブ&ガーリックの2種類の味わいがセットになった8枚入り(780円・税込)、16枚入り(1290円・税込)から選べ、「C. TRIA Crunch」は10個入り(980円・税込)のみの販売です。
 

捨てられるはずの食品廃棄物をエサの一部に活用して育てられたコオロギを介して、新たなタンパク質が生み出される。C. TRIAブランドには、こうした循環型のフードサイクルを創り出すことで、世界が直面している食料危機や環境問題に立ち向かいたいという想いが込められているそうです。


【おすすめ記事】
薬草で作る「ぎふコーラ」とは? 夏発売にいち早くゲットする方法
「生卵」と「ゆで卵」、日持ちするのはどっち? 意外と知らないタマゴの「5つの常識」
コロナ禍でヨーグルト市場が回復! 今食べたい「最新トレンドヨーグルト」6選
1日に8万個以上売れてる! カルディで買える「たまごパン」がしっとりもっちもち


【関連リンク】
プレスリリース(PR TIMES)

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ボーはおそれている』を見る前に知ってほしい「4つ」のこと。アリ・アスター監督が常に描くものは何か

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】

  • AIに負けない子の育て方

    市役所、銀行、大学まである…1日限りの”仮想の街”が美しが丘公園に出現! 横浜市発のキッズタウン

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    【近鉄本発売】女子鉄アナウンサー・久野知美は、なぜ人気? トークショーで分かった「愛される理由」