ゼネラルリサーチは「新しいオリンピック様式」に関する調査結果を発表しました。同調査は、全国の20~60代男女1023人を対象に、5月21~24日の期間で実施されました。

新型コロナウイルスによって、先行きが見えない状態に不安を抱えている人は多いでしょう。また、開催の近づく東京五輪を不安視する声も見受けられます。世の中の人は、今後の五輪についてどう考えているのでしょうか。
 

東京五輪……7割以上が「変異ウイルスのまん延」を不安視

7割以上が「変異ウイルスのまん延」を不安視
7割以上が「変異ウイルスのまん延」を不安視
 
東京五輪の開催について不安視していること1位は「変異ウイルスのまん延」。次いで「新型コロナウイルス患者の急増による医療崩壊」でした。4位以降は年代ごとに差が出ており、特に50代の人では「出場選手への誹謗中傷」も不安視していることが明らかに。
 

東京五輪に期待できることは「経済成長の促進」が1位

多くの人が「経済成長の促進」に期待
多くの人が「経済成長の促進」に期待
 
東京五輪の開催によって期待できる効果は「経済成長の促進」が1位。次いで「国全体の気分が明るくなる」が続きました。20代~30代の人は「地方活性化」(20代16.7%、30代16.9%)と回答した人も多く、インバウンドへの期待がうかがえます。
 

今後の五輪について、36.6%は何らかの形で開催希望

36.6%は何らかの形での開催を希望
36.6%は何らかの形での開催を希望
 
感染症拡大が世界で起きた場合の五輪開催について「開催を取りやめる/延期して欲しい」と回答した人は63.4%。一方で、何らかの形で「開催して欲しい」と回答した人は36.6%でした。

「開催を取りやめる/延期して欲しい」と回答した人からは「感染者が増えている中で開催するのは、開催国にとってリスクと負担が大き過ぎるから」(30代・会社員)などの声が寄せられました。一方で、「開催してほしい」と回答した人からは「ウイルスの蔓延は防ぎたいが、選手たちの今までの頑張りをなしにはして欲しくない(20代・会社員)」などのコメントが集まりました。
 
【おすすめ記事】
「五輪の7月開催」どう思う? ママ7425名に緊急アンケート! 「なんとか中止してほしい!」の回答が約6割
「東京五輪2021」開催について、3月時点での国民の思いは?
東京五輪、海外のネット上ではどんな風に話題になっている? なっていない?
500人に聞いた!コロナが終息したら旅行に行きたい場所ランキング 3位は東京都 2位は沖縄県 1位は…
コロナ禍での学校行事実施 親の本音は「賛成派」が上回る
 
【関連リンク】
プレスリリース