東大流で88万部突破! 学習マンガ『世界の歴史』の新しさとは

発売2カ月で累計88万部を突破して話題になっている角川まんが学習シリーズ『世界の歴史』は、他の学習マンガと何が違うのか? 世界を横のつながりでとらえる東大流の「グローバルヒストリー」や、近現代史を重視したラインナップなど特徴をご紹介します。

世界を横のつながりでとらえる! 東大流の「グローバルヒストリー」

角川まんが学習シリーズ『世界の歴史』(KADOKAWA、羽田正監修。各巻:本体950円+税/全20巻セット:本体1万9000円+税)


監修は東京大学名誉教授の羽田正さん。
 

現役東大生(当時)の鈴木光さん出演のPVも話題に

コロナ禍もいち早く掲載! 近現代史を重視したラインナップ

全20巻のうち11冊が近現代史のラインナップ

スタジオジブリ・近藤勝也さんの描き下ろしのカバーイラスト



>記事に戻る

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    スパイ映画は『007』だけじゃない。荒唐無稽?それともリアル?魅力にあふれたスパイ映画6作を選出

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    古い常識に縛られたおっさんが、ジェンダーやコンプラの前にアップデートすべき「昭和の価値観」3つ

  • どうする学校?どうなの保護者?

    どうする? 「PTA役員のなり手が見つからない」問題……何が役員の負担となっているのか

  • アスリートの育て方

    「あの時、嫌な予感がした」父の死で進路急転。中3で単身故郷を離れた元日本代表・駒野友一の原動力【独占インタビュー】