医師が飼っているペットランキング! 3位「魚」、2位「猫」、圧倒的な票数を集めた1位は?

医師のともは、普段、人の健康や生死にかかわる重責を担う医師たちが、プライベートではペットとどのように関わっているのかを調査しました。医師に人気のペットやペットとの生活で変わったことなど、医師とペットとの関係性を探ります。

医師のともは5月13日、医師を対象に実施した「ペットに関するアンケート調査」の結果を発表しました。同調査は、20~70代の男性医師・女性医師181人を対象に、2021年3月22~31日の期間で、インターネットにより実施。普段、人の健康や生死にかかわる重責を担う医師たちは、プライベートではペットとどのように関わっているのでしょうか。医師とペットとの関係性を探ります。
 

医師が飼っているペット1位は犬! 猫との出会いは「保護する」ことが主流?

医師に人気のペットTOP3

医師181名のうち、飼っているペットの種類で圧倒的に多かったのは、「犬(58.7%)」。次いで「猫(18.8%)」でした。
 

医師のペット購入で多かったのは「ペットショップ」

ペットと出会った場所(きっかけ)

ペットと出会った場所(きっかけ)で最も多かったのは、「ペットショップ(49.5%)」で、半数近くを占めました。

犬と猫では「出会い(きっかけ)に違いが

ただし、犬と猫で分けてみると、犬は「ペットショップ」や「ブリーダー」から購入する人が多く、猫は「拾った」り、「動物保護団体」から譲り受けている人の割合が多いようです。ペットの種類によっては、「購入する」よりも「保護する」ことが主流となる傾向が見られるのかもしれません。
 

医師がペットとの生活で得られたもの、1位は「幸せだと感じる機会が増えた」

医師が「ペットとの暮らしから得られたもの」

医師が「ペットとの暮らしから得られたもの」。1位は「幸せだと感じる機会が増えた(31.6%)」でした。2位は「心のゆとりができた(26.6%)」、3位「家族・同居人とのコミュニケーションが増えた(19.3%)」など、ペットとの生活により、精神的な安らぎや家族や友人とのコミュニケーションに良い変化が現れた人が多いようです。

「ペットの散歩をしているうちにウォーキングの習慣がついた」「ペットを最期まで看取れるように生活習慣を見直した」など、「健康的な生活習慣を見直した」も4位に挙げられ、ペットとの生活によって、自分自身の健康に、さらに目を向けるようになった人も多いようです。

【おすすめ記事】
日本で最も多く飼育されている犬種、第3位「柴犬」第2位「チワワ」第1位は…
犬の名前ランキング2021! 2位は昨年1位の「ココ」、大躍進の1位は?
飼ってみたい憧れの犬種1位は? 飼っている人・いない人で違いが
日本で最も多く飼育されている猫、第2位「スコティッシュフォールド」第1位は…

 

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『キングダム 大将軍の帰還』は大沢たかおがMVP。それでも、さすがに気になる“テンポの鈍重さ”

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示