ニトリ大好き主婦が激推し! 「エコバッグ問題」を解決するデカくて安い優秀アイテム

買い物をするとき、個数が少ないのにエコバッグに入りきらない! そんな経験はありませんか? この現象はホームセンターやドラッグストアなどでおきがちです。収納ケースやキッチンアイテム、紙類など、かさばるものが多い…そんなエコバッグ問題をニトリの「マイバッグ」が解決してくれそうです!

ニトリの「マイバッグ」(筆者撮影)

買い物をするとき「個数は少ないのにエコバッグに入りきらない!」そんな経験はありませんか? この現象は、ホームセンターやドラッグストアなどでおきがちです。収納ケースやキッチンアイテム、紙類など、かさばるものが多いからですね。

特にティッシュやキッチンペーパーは、持ってみると両手が塞がって困ることもあります。そうなってくると、商品がきちんと入ってらくらく運べるエコバッグが必要。筆者の周りでも困っている人が多いこのエコバッグ問題、ニトリの「マイバッグ」が解決してくれそうです!
 

ニトリのマイバッグ、おすすめはMとL

ニトリの「マイバッグ」 Mサイズ(筆者撮影)

ニトリのマイバッグはS、M 、Lの3サイズがあります。その中で筆者が実際に使っているのは、MとL。理由は、サイズがとても大きいからです。実際にどのくらいサイズなのかというと、Mサイズは一般的な買い物カゴにギュウギュウにして入るくらいです。買い物カゴよりも若干大きいので、底の部分がうまく収まらず少ししわができます。

高さはカゴよりもあるので、背の高い食材なども隠れます。例えばニラは隠れましたが、ネギはちょっと出てしまいました。

業務スーパーのエコバッグとほぼ同じサイズ(筆者撮影)

ちなみにサイズが大きくて使いやすいと話題の業務スーパーのマイバッグ(エコバッグ)とほぼ同じサイズです。実際に使ってみて、出番が多いのはMサイズのほうです。スーパーで野菜などを買うときでもちょうどいいサイズなんですよね。特にレタスなど、それほど重くなくて球形の野菜を入れるときに活躍しています。

参考記事:業務スーパーのエコバッグに「ピンク」登場!3色持ちたい可愛らしさ
 

Lサイズはとにかく「デカイ」

買い物カゴがすっぽり入るLサイズ(筆者撮影)​​​

Lサイズは、買い物カゴがすっぱり入ってしまうくらいの大きさ。最初に見たときには、かなり大きいなと思いました。キッチンペーパーや、ティッシュ、生理用品など軽くてかさばるものを入れるのに使えます(中が透けないのもメリット)。
 

重さは10kgまでOK

MサイズとLサイズは10kgまで耐えられる(筆者撮影)

MサイズとLサイズのマイバッグは、荷物の重さが10kgまで耐えることができます。キッチンペーパーやティッシュなどの紙類は軽いので全く問題ないですし、例えばプラスティックの収納ケースなども入ります。エコバッグにはSサイズもあるのですが、サイズが小さいのと、重さが4kgまでというのがネックになりました。
 

持ち手は2パターン

持ち手は2パターン(筆者撮影)

このマイバッグは持ち手にも工夫があります。肩掛け用と手で持つとき用の2つの持ち手が付いています。10kg近くの重さがある荷物は、肩掛けをすることが多くなるでしょう。それにマイバッグが大きいので、身長によっては底が地面についてしまうこともあります。お客さんが荷物を運びやすいようにしてくれていることが、よくわかります。

持ち手も補強されている(筆者撮影)

持ち手部分も、しっかり縫われていますよ。
 

たたむとコンパクトになる

たたむとコンパクトになるので邪魔にならない(筆者撮影)

たたむととてもコンパクトになるのも、ニトリのマイバッグの特徴です。買い物カゴの底に収まるくらいなので、筆者はこの中に入れて保管しています。

また折り目が比較的しっかりついているので、最初は使いづらいのかなと思いましたが、とてもたたみやすいです。これだけのサイズのマイバッグなので、そのまま保管するとちょっと邪魔になるため、きれいにたためるのはうれしいですね。
 

ニトリのマイバッグは大容量、しかもデザインも可愛いのでスーパーなどでも使えます。値段もMサイズが149円、Lサイズが199円という安さ(いずれも税込)。今のところ色はMは白、Lは黒のみですが、新色を期待したくなるくらい便利でコスパがいいマイバッグです。


【おすすめ記事】

業務スーパーのエコバッグに「ピンク」登場!3色持ちたい可愛らしさ

どうして注目しない!? カルディでコスパがいいのはバッグという事実

ファミマが衣料品「コンビニエンスウェア」を発売! 着心地はどんな感じ?

保存容器の高さ凸凹問題を解決! ダイソーで買える優秀ストッカー

お弁当を作り続けて3年! ダイソーで絶対買いのお弁当アイテム3つ

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」