見つけたら即買い! 独り占めしたくなるカルディの激ウマお菓子4つ

おうち時間の楽しみの1つは、やっぱりおいしいお菓子! そんな人におすすめのお菓子がカルディにありました。あまりのおいしさに、独り占めしたいと思うこともしばしば。正直、コスパがすごくいいというわけではないのですが、それでも食べたいと思ってしまうのがカルディの魅力なんですよね。

カルディの独り占めしたいお菓子(筆者撮影)

おうち時間の楽しみの1つは、やっぱりおいしいお菓子! そんな人におすすめのお菓子がカルディにありました。あまりのおいしさに、独り占めしたいと思うこともしばしば。正直、コスパがすごくいいわけではないのですが、それでも食べたいと思ってしまうのがカルディの魅力なんですよね。筆者おすすめの4商品を紹介します。
 

1. 塩バタかまん

塩バタかまん(筆者撮影)

「塩バタかまん」と聞いたとき、「塩バタ」はイメージができたのですが「かまん」の方が分かりませんでした。塩バター風味のクッキーにサンドしてあるのが「カマンベールチーズクリーム」。だから「かまん」なのだと思います。

クッキー部分はサクサク(筆者撮影)

味は、まさに塩バターとカマンベールチーズです。

カマンベールチーズクリーム(筆者撮影)

甘さの中にもしっかり塩気があるし、サクサク感がなんとも言えません。一時期ものすごく話題になって、カルディでも品切れが続いていました。オンラインでは在庫がないようですが、お店では並んでいることもあります。宝製菓が製造しています。値段は198円(税込)です。
 

2. 豆乳ビスケット さくら

豆乳ビスケット さくら(筆者撮影)

カルディ定番のお菓子ですが、季節に応じていろいろな味が出てきますよね。

パッケージも可愛い(筆者撮影)

写真は「さくら」で、抹茶やチョコミントなどもあります。

クッキーに近い(筆者撮影)

豆乳ビスケットですが、クッキーに近い食感。サクサクしているのですが、なんだか他のクッキーとはまた違う感じなのです。口の中でクッキーが崩れていくというか。

さくら風味のクリーム(筆者撮影)

中のクリームも甘さ控えめです。特に限定の味は売り切れたら手に入りにくいので、筆者は家族に内緒で食べちゃっています。値段は味によって異なり、198〜248円の間です。
 

3. みそぱんラスク

みそぱんラスク(筆者撮影)

パッと見た感じでは、「あ、味噌味なのね」と思ったのですが、実は違いました。味噌というよりはホワイトチョコの風味の方が強いです。なので口に入れたときにはびっくりしたのですが、後で味噌の風味がふわ〜っときます。

ホワイトチョコが染み込んでいる(筆者撮影)

ラスクなので歯応えがあって、ボリボリ食べる感じです。甘さもあるので、隠しておかないと子どもに食べられてしまうだろうな、とちょっと意地悪なことを考えてしまいました。値段は321円(税込)。ちょっと高いなと思うので、余計独り占めしたくなります。
 

4. ミレービスケット

ミレービスケット コーヒー風味(筆者撮影)

知る人ぞ知る、ビスケットの中のビスケットだと筆者は思っています。そのくらい好きなんですよね。ミレービスケット。プレーンタイプもありますが、カルディのミレービスケットはコーヒー風味。味もそうですが、いい香りがします。

ボリボリ感がたまらない(筆者撮影)

ミレービスケットの特徴は、ちょっと固めなこと。サクサクではなくて、まさにボリボリ食べるといった方があっているような気がします。100g入りで185円(税込)です。
 

カルディのお菓子は、冷静になればコスパはあまりよくないです。それでも買ってしまうのは、目新しさだけではなく、味も間違いないからでしょう。一度食べたら、独り占めしたいと本気で思ってしまうくらいの味です。ぜひお試しください!


【おすすめ記事】
ようやくゲットしたカルディのレア商品「カズチー」。早速食べてみた

SNSでも話題! カルディで品切れ続く「マリトッツォ」 その味は?

可愛くて映えること間違いなし! カルディのお得な苺スイーツ5選

桜好きさん集まれ! リピ買いしたいカルディのお得な桜スイーツ5選

カルディでも人気!世にもおいしいチョコブラウニーの濃厚さがすごい

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」