コロナ禍で2人に1人が引越しの意向あり! 転居時に買ったもの1位は?

パナソニックが1都3県に住む1000名を対象に「新型コロナウイルスの影響による引越し意向調査」を実施。2人に1人が引越しの意向ありという驚きの結果が明らかになりました。そんな中、引越し経験者はどういったものを購入しているのか。気になる第1位は?

パナソニックが1都3県に住む1000名を対象に「新型コロナウイルスの影響による引越し意向調査」を実施。驚きの結果が明らかになりました。

 

2人に1人が引越しの意向あり。引越し先は「今よりも郊外・地方」

新型コロナウイルスの影響による引越し意向調査(1都3県に住む20~50代の男女1000名を対象に2021年2月15~16日にインターネット調査を実施)


コロナ禍をきっかけに、すでに引越した人は6.2%、引越す予定がある人は9.1%と、1割以上が住居を変えた、もしくは変えようとしていることが判明。


さらに、具体的に検討している人が7.1%、物件や時期が合えば検討が12.0%、少し興味・感心があるが13.9%。2人に1人が引越しへの意向を持っていることが明らかになりました。
 

半数以上が郊外や地方を希望する結果に


希望する引越し先は、今よりも郊外が35.8%、今よりも地方が23.2%。今よりも都心の19.7%をどちらも上回り、合わせて半数以上の人が郊外や地方への引越しを希望していることが分かりました。


実際に、総務省が2021年1月に発表した「人口移動報告によると」東京都の転出数は2020年7月から6カ月連続で転入を上回る結果になっています。

 

引越しで買ったもの1位はカーテン! 新時代の「三種の神器」も判明


ところで、このような引越しの意向が高まる中で、引越す人たちは転居の際にどういったものを購入しているんでしょうか。ちょっと気になりますよね。
 

引越し時の購入品の実態調査(1都3県に住む「過去3年以内に購入物件への引越し経験」のある20~50代の男女500名を対象に2021年2月5日~9日にインターネット調査を実施)


同じくパナソニックが過去3年以内に引越しをした500人に対して調査したところ、1位はカーテンという結果になりました。


確かにカーテンは、部屋ごとに長さが違うので転居前のものを使えなかったり、備え付けだとしても自分の趣味と合わないと買い換える必要があったり。引越し経験者だからこそ気づく「意外な初期費用」なんですよね……。


防犯や日当たりの調整だけでなく「外部からのプライバシーを守れる」というのも重要なポイントです。
 

満足度1位はエアコンという結果に


また「購入したもののうち満足度の高かったもの」の1位はエアコンでした。決して安くない買い物ですが、部屋の快適度に直結するエアコンはやはり「買ってよかったな」と思うようです。


興味深いのが、どちらのランキングでもトップ3は共通だったこと。カーテン、エアコン、そして椅子・ソファという結果になりました。


椅子・ソファが少し意外でしたが、テレワークで在宅時間が増えると座っている時間が長くなるので、自分や部屋に合う椅子・ソファを買うことができると満足度の高い買い物になるのかもしれません。


プライバシー確保のカーテン、快適な室温のためのエアコン、そして座り心地のいい椅子・ソファが、これからの時代の新しい「三種の神器」といえそうです。


引越しを検討されている方は、ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。


【おすすめ記事】

デキる人は家で揺れている?「ゆりかごチェア」で快適テレワーク

ロボット掃除機にイラッ! 在宅ワーク中に不安・不満を感じた人84%

移住したい都道府県ランキングが変動! 2020年は静岡県が首位

埼玉県が大躍進! 2021年のSUUMO「住みたい街ランキング」1位は?

ママが選ぶ「住みたい東京23区ランキング」3位は江戸川区、1位は?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化