デキる人は家で揺れている?「ゆりかごチェア」で快適テレワーク

コクヨから、揺れる在宅ワークチェア「cuna(クーナ)」が新発売。リビングやダイニングに馴染むデザインと、長時間着座でも快適な座り心地を実現する「揺れ」を備えた在宅ワークチェアです。

コクヨから、揺れる在宅ワークチェア「cuna(クーナ)」が新発売になりました。
 

「cuna(クーナ)」(税込2万8380円※公式オンライン価格、タイプ・カラーにより異なる場合があります)


リビングやダイニングに馴染むデザインと、長時間着座でも快適な座り心地を実現する機能を備えた在宅ワークチェアです。
 

脚部が「ソリ脚」になっている


最大の特徴は、スペイン語で「ゆりかご」を意味する名前の通りに脚部が「ソリ脚」になっていること。昔ながらのロッキングチェアのように、前後に揺れることができます。

 

デキる大人は揺れている? ゆりかごワークチェアの秘密


でもロッキングチェアのように寛ぐわけじゃないのに、どうしてワークチェアが揺れる構造になっているのか? 実はこの「揺れ」こそが、長時間座っても身体に負担をかけない秘密なんです。


同じ姿勢を長時間続けると、血流が悪くなり筋肉も緊張して、肩こりや眼精疲労など身体の疲れにつながります。でも「1時間に1回立って歩こう」なんて思っても仕事に集中してると忘れちゃいますよね。


「cuna(クーナ)」なら自然な揺れの中で、前のめりの「前傾」、後ろに持たれる「後傾」、そしてその中間の背骨が自然なS字カーブとなる「アップライト」の3つの姿勢を最適にサポート。無理なく姿勢を変えられるというわけです。

 

デキる椅子は揺れるだけじゃない! 細部に宿るコクヨのこだわり


さらに、座面のクッションにはオフィスチェアで使われる厚手のモールドウレタンを使用。適度な厚みと面形状で体圧を分散させることで、座り心地の良さを実現しています。
 

座面のクッションに厚手のモールドウレタンを使用


背もたれには、長時間快適に過ごせるよう抗菌剤入りのPP背板を使用しています。シンプルな肘掛けの存在は、崩れた姿勢の座り直しを促して、持ち運びにも便利です。
 

背もたれには抗菌剤入りのPP背板を使用


そしてもちろん機能面だけでなく、インテリアにマッチするカジュアルでコンパクトなデザインも在宅ワークには嬉しいポイントです。
 

左から、ソフトベージュ、ダークグレージュ、オパールグリーン、オリーブイエロー


これだけおしゃれなら、仕事以外の時間はダイニングチェアとして使うのもありですよね。
 

ダイニングチェアとしても遜色のないデザイン


まさに在宅ワークのために作られた、コクヨのゆりかごワークチェア「cuna(クーナ)」。ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 世界を知れば日本が見える

    深刻な少子化に苦しむ「中国」と対照的に、今こそ「一人っ子政策を導入すべき」といわれる2つの国とは

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化