3年目となる横浜タカシマヤ屋上「ファーマーズビアガーデン」がオープン

横浜タカシマヤ屋上「ファーマーズビアガーデン」は3年目(2018年5月21日撮影)
横浜タカシマヤ屋上「ファーマーズビアガーデン」は3年目(2018年5月21日撮影)

横浜タカシマヤでは、2018年5月23日(水)~9月24日(月・休)まで、屋上ビアガーデンを開催している。2016年に初開催し、3年目となる。テーマは初回から引き続き、農家の作り手の「顔」が見える、野菜いっぱいのファーマーズビアガーデン。今年はおいしい野菜に加え、「豚肉食べ放題プラン」「プレミアム飲み放題」が新登場し、パワーアップしている。

ヘルシーなグリル料理を囲みながら、おいしいビールで乾杯!(2018年5月21日撮影)
ヘルシーなグリル料理を囲みながら、おいしいビールで乾杯!(2018年5月21日撮影)

 

おいしい野菜と合わせて肉もガッツリと!「食べ放題」が新登場

スタンダードグリルプラン(豚肉、ソーセージ、グリル野菜、フレンチフライ、サラダ、チキンライス、トルティーヤ<お代わり自由>)+セレクトベジタブルチケット+2時間飲み放題がセットに(画像は5名分、2018年5月21日撮影)
スタンダードグリルプラン(豚肉、ソーセージ、グリル野菜、フレンチフライ、サラダ、チキンライス、トルティーヤ<お代わり自由>)+セレクトベジタブルチケット+2時間飲み放題がセットに(画像は5名分、2018年5月21日撮影)

「ファーマーズビアガーデン」は、作り手を明らかにした野菜が食べられるのがウリとなっている。昨年は男性と女性の割合が半々だったことから、肉の食べ放題メニューを新たに追加した。


「豚肉食べ放題プラン」では、スタンダートグリルプランの豚肉が食べ放題になる。価格は時期により、大人4500円~5500円、小・中学生3500円~4500円。人数分の予約が必要となる。

また、スタンダードグリルプランに「アンガス牛(120g)」がプラスされる「プレミアムグリルプラン」も用意。昨年は期間限定メニューだったが、今年は全期間で提供する。同プランの価格は全期間統一で、大人5500円、小・中学生 4500円。

横浜タカシマヤ広報担当者は「夏のパワーアップのために、おいしい野菜とともにお肉もたくさん食べていただきたい、という想いを込めました」と話す。

「チキンライス」は、鉄板で温めるとチーズがとろけて、美味! 意外な〆メシ!(2018年5月21日撮影)

「チキンライス」は、鉄板で温めるとチーズがとろけて、美味! 意外な〆メシ!(2018年5月21日撮影)
「チキンライス」は、鉄板で温めるとチーズがとろけて、美味! 意外な〆メシ!(2018年5月21日撮影)

 

今年は肉もアイスも選べる!「セレクトベジタブルチケット」

各プランに1人1枚ついている「セレクトベジタブルチケット」では、ベジタブルカウンターからその日入荷した「顔」が見える野菜を選ぶことができる(2018年5月21日撮影)

各プランに1人1枚ついている「セレクトベジタブルチケット」では、ベジタブルカウンターからその日入荷した「顔」が見える野菜を選ぶことができる。画像は1名分(2018年5月21日撮影)
各プランに1人1枚ついている「セレクトベジタブルチケット」では、ベジタブルカウンターからその日入荷した「顔」が見える野菜を選ぶことができる。画像は1名分(2018年5月21日撮影)


各プランに1人1枚ついている「セレクトベジタブルチケット」。昨年は、ベジタブルカウンターから好きな野菜が1品選べるスタイルだったが、今年はアイス(1枚:バニラ、チョコレート、練乳イチゴから1種類)や肉など(2枚:豚肉、ソーセージ、唐揚げ、ポテトのいずれか1品)もチョイス可能に。野菜だけでなく、好きな料理を選び、メニューが組み立てられるのが楽しい。

今年は「セレクトベジタブルチケット」でアイスにも交換可(2018年5月21日撮影)
今年は「セレクトベジタブルチケット」でアイスにも交換可(2018年5月21日撮影)

 

豪華! フレッシュフルーツのサワーが飲み放題になるプランも

フレッシュフルーツや野菜を使った「ファームサワー」は全7種類<フレッシュレモンサワー/フレッシュグレープフルーツサワー/トマトサワー/梅サワー / ミントライムサワー/ミックスベリーサワー/パイナップルサワー>(2018年5月21日撮影)
フレッシュフルーツや野菜を使った「ファームサワー」は全7種類<フレッシュレモンサワー/フレッシュグレープフルーツサワー/トマトサワー/梅サワー / ミントライムサワー/ミックスベリーサワー/パイナップルサワー>(2018年5月21日撮影)


「プレミアム飲み放題」も今年から初登場。1000円(税込)プラスすることで、スタンダード飲み放題(24種類)に加え、野菜やフルーツを使った「ファームサワー」をはじめ、ワインカクテル、ノンアルコールカクテルなど、全44種類が飲み放題となる。お酒が飲めない方にはフルーツたっぷりのノンアルコールカクテルが楽しめるので、満足度がアップすること、間違いなし。人数分のオーダーが必要となる。

「プレミアム飲み放題」にはフレッシュフルーツを使ったノンアルコールカクテルもラインナップ(2018年5月21日撮影)
「プレミアム飲み放題」にはフレッシュフルーツを使ったノンアルコールカクテルもラインナップ(2018年5月21日撮影)

 

浴衣割引や女子会プランなどお得なサービスをお見逃しなく

7月、8月は浴衣着用で500円(税込)割引になるサービスも(2018年5月21日撮影)
7月、8月は浴衣着用で500円(税込)割引になるサービスも(2018年5月21日撮影)

「ファーマーズビアガーデン」では、様々なお得なプランやサービスを行っている。予約ページにて事前申し込みが必要なものもあるので、公式サイトでチェックを。

  • オープニング&ラストサマー割引

5月、6月、9月はお得な割引プランあり

  • 浴衣割引サービス

7~8月の期間中、浴衣で来店すると500円(税込)OFF

  • プレミアムフライデー サービス

プレミアムフライデーの週の金〜日曜日は「スタンダード飲み放題」にスパークリングワインがプラス

  • 女子会プラン

飲み放題時間を30分延長、アイスクリームサービス(女性のみ・2名以上・予約ページにて事前申込)

  • 誕生日プラン

プラス3000円(税込)でキャンドル付きホールケーキ、メッセージプレートを用意( 予約ページにて事前申込、「誕生日プラン」以外のサービスの併用不可)

  • 早割・遅割プラン

7~8月の期間中、オープン~17:00まで、また20:30以降に予約すると300円(税込)OFF
(セレクトベジタブルチケットなし、 6月以降 予約ページにて事前申込開始予定)


横浜駅からすぐの横浜タカシマヤ屋上で、夜空を見ながら、畑の恵みが感じられるビアガーデンを楽しんでは。

ファーム気分が高まる、ステージ型のフォトスポット(2018年5月21日撮影)
ファーム気分が高まる、ステージ型のフォトスポット(2018年5月21日撮影)

■FARMERS’ BEER GARDEN(ファーマーズビアガーデン)
場所:横浜タカシマヤ 屋上(横浜市西区南幸1-6-31)
期間:2018年5月23日(水)~9月24日(月・休) ※天候により休業となる場合あり
時間:16:00~22:30(L.O.22:00)
料金:スタンダードグリルプラン(フードセット、2時間飲み放題)
特別価格期間<5月23日(水)~6月30日(土)、9月1日(土)~24日(月・休)>大人(高校生以上)3980円、小・中学生 2980円
7月、8月<日~木曜>大人(高校生以上)4200円、小・中学生 3200円
7月、8月<金、土曜>大人(高校生以上)4500円、小・中学生 3500円
※この他、「豚肉食べ放題プラン」「プレミアムグリルプラン」あり
※飲み放題ラストオーダーは制限時間の30分前、価格はすべて税込
予約・問い合わせ:050-3188-8355(受付時間13:00~22:00)
URL:FARMERS’BEER GARDEN http://www.farmers-beergarden.com/
URL:横浜タカシマヤ https://www.takashimaya.co.jp/yokohama/


【関連記事】
ハマ風に吹かれてグイっ! 横浜ビアガーデン
そごう横浜店 屋上ビアガーデンが女性に人気!最長6時間&サラダバー(2018年4月)
日本初!食肉加工所&ベーカリー併設ビアレストランが神奈川・厚木に(2018年4月)