島根の食材を味わって!横浜ベイホテル東急でディナーブッフェ

横浜ベイホテル東急2階オールデイダイニング「カフェ トスカ」では、2018年3月5日~4月15日の期間限定で、ディナーブッフェ「ナイト・キッチンスタジアム ~こだわり食材 島根~」を開催している。島根県の食材を使うディナーブッフェは約4年ぶり、2回目。

島根の食材、見た目は地味だが力強い!

島根の豊富な食材について紹介する「カフェ トスカ」小川シェフ(2018年3月12日撮影)
島根の豊富な食材について紹介する「カフェ トスカ」小川シェフ(2018年3月12日撮影)

横浜ベイホテル東急 2階オールデイダイニング「カフェ トスカ」では、2018年3月5日(月)~4月15日(日)の期間限定で、ディナーブッフェ「ナイト・キッチンスタジアム ~こだわり食材 島根~」を開催している。

2014年以来、2回目となる島根フェア。カフェ トスカの小川勝哉(おがわ かつや)シェフが島根県内を巡り、熱心な生産者と出会い、島根県ならではの食材を集めた。

ビッグサイズの唐辛子「おろちの爪」の生産者・古居さんと(画像提供:横浜ベイホテル東急)
ビッグサイズの唐辛子「おろちの爪」の生産者・古居さんと(画像提供:横浜ベイホテル東急)

「唐辛子、シジミ、やまと芋、シイタケなど、島根県の食材は見た目は地味ですが、食べるとそのポテンシャルの高さに驚かされます。さすが神々が集う場所。土や食材にも神様が宿っていると感じます。そんな島根県の食材をトスカスタイルで調理しました。ぜひお楽しみください」と、小川シェフ。
 

シェフが目の前で仕上げる「アクションコーナー」は必食

アクションコーナー「パルミジャーノ レッジャーノで和える“おろちの爪”のペペロンチーノ風」(2018年3月12日撮影)
アクションコーナー「パルミジャーノ レッジャーノで和える“おろちの爪”のペペロンチーノ風」(2018年3月12日撮影)


イチオシメニューは、シェフが目の前で仕上げるアクションコーナーのひとつ「パルミジャーノ レッジャーノで和える“おろちの爪”のペペロンチーノ風」。“おろちの爪”とは、大人の手のひらほどの長さの唐辛子で、辛味の後に旨みが広がる。チーズで和えてあるので、辛さはマイルドで後引くおいしさだ。

目の前でカットしてもらえる「フレッシュハーブをまとった島根県産牛のローストビーフ」(画像提供:横浜ベイホテル東急)
目の前でカットしてもらえる「フレッシュハーブをまとった島根県産牛のローストビーフ」(画像提供:横浜ベイホテル東急)

「フレッシュハーブをまとった島根県産牛のローストビーフ」は、霜降り肉ながらさっぱりとした味わい(2018年3月12日撮影)
「フレッシュハーブをまとった島根県産牛のローストビーフ」は、霜降り肉ながらさっぱりとした味わい(2018年3月12日撮影)


このほかアクションコーナーでは、「島根県水揚げいろいろなお魚のフィッシャーマン風スープ」「フレッシュハーブをまとった島根県産牛のローストビーフ」「ケンボロー芙蓉ポークのしゃぶしゃぶ トスカスタイル」「島根県産ポーク“ホルモン”の鉄板焼き 香味ソース」が用意される。

アクションコーナー「ケンボロー芙蓉ポークのしゃぶしゃぶ トスカスタイル」(2018年3月12日撮影)
アクションコーナー「ケンボロー芙蓉ポークのしゃぶしゃぶ トスカスタイル」(2018年3月12日撮影)
アクションコーナー「島根県産ポーク“ホルモン”の鉄板焼き 香味ソース」。ハツなど数種類の部位があり、どれもやわらかい(2018年3月12日撮影)
アクションコーナー「島根県産ポーク“ホルモン”の鉄板焼き 香味ソース」。ハツなど数種類の部位があり、どれもやわらかい(2018年3月12日撮影)


冷製料理コーナーでは、島根県のみで栽培されている「あすっこ(ビタミン菜とブロッコリーを掛け合わせた野菜)」や肉厚なシイタケ「雲太(うんた)」、標高500メートルの高原で栽培された旨みが強い「やまと芋」などを使ったメニューが並ぶ。

冷製料理コーナー。野菜もたっぷり食べられる(2018年3月12日撮影)
冷製料理コーナー。野菜もたっぷり食べられる(2018年3月12日撮影)


温製料理コーナーでは、島根県産のシジミやベベ貝などを使った「いろいろな貝類のナージュ風 フレッシュハーブ風味」をはじめ、「宍道湖産大和しじみと生姜のピラフ」「ケンボロー芙蓉ポークとトマトの煮込み」などが楽しめる。

温製料理コーナー。肉・魚など島根県産の食材を使用(2018年3月12日撮影)
温製料理コーナー。肉・魚など島根県産の食材を使用(2018年3月12日撮影)

「島根県産いろいろな貝類のナージュ風 フレッシュハーブ風味」は、貝の旨みたっぷりのスープがたまらない!(2018年3月12日撮影)
「島根県産いろいろな貝類のナージュ風 フレッシュハーブ風味」は、貝の旨みたっぷりのスープがたまらない!(2018年3月12日撮影)

「島根県飯南町“やまと芋”のフリカッセ 黒胡椒とタイムの香り」は、濃厚な味わいのやまと芋をフリットに(2018年3月12日撮影)
「島根県飯南町“やまと芋”のフリカッセ 黒胡椒とタイムの香り」は、濃厚な味わいのやまと芋をフリットに(2018年3月12日撮影)

デザートも島根県産の乳製品を使ったプリンやシュークリーム、ヤオルト(ヨーグルト)フレーズなど盛りだくさん(2018年3月12日撮影)
デザートも島根県産の乳製品を使ったプリンやシュークリーム、ヤオルト(ヨーグルト)フレーズなど盛りだくさん(2018年3月12日撮影)

 

一晩限り! スペシャル食材を使ったメニューを提供するイベントも

3月24日(土)には「一夜限りのスペシャル島根イベント」が開催される。松江エクセルホテル東急より上野雅人(うえの まさと)料理長が来館し、小川シェフとともに特別限定メニューを用意する。通常価格(土日祝6800円)で、島根県・浜田の水産ブランド「どんちっちノドグロ」や「しまね和牛」などぜいたくな島根の食材を使用した料理が堪能できる。17:00~21:30(2時間制)。島根県観光キャラクター「しまねっこ」も来館予定。

広報担当者は「このディナーブッフェは、テレビ東京『出没!アド街ック天国』でもご紹介いただきました(2018年3月3日放送)。島根県の美味しさを発見できるメニューの数々を、味はもちろん、香り、音、アクションが五感を刺激するエンターテイメントディナーブッフェでご堪能ください」とPRする。

■ナイト・キッチンスタジアム こだわり食材 島根
期間:2018年3月5日(月)~4月15日(日)
場所:横浜ベイホテル東急 2階オールデイダイニング「カフェ トスカ」
時間:平日17:30~/20:00~ 土日祝17:00~/19:30~(2部制、2時間)
※一夜限りのスペシャル島根イベントは3月24日(土)17:00~21:30(2時間制)
料金:月曜~金曜 5800円 土・日曜・祝日 6800円、小学生2950円(全日)、4歳~未就学児1200円(全日)※いずれも税・サ料込
予約・問い合わせ:045-682-2255(10:00~21:00)
※レストラン特定日など、料金が変わる場合あり
※事情により予告なく変更になることもあり
協力:島根県
URL:カフェ トスカ

<メニュー例>
■アクションコーナー
フレッシュハーブをまとった島根県産牛のローストビーフ
ケンボロー芙蓉ポークのしゃぶしゃぶ トスカスタイル
島根県産ポーク“ホルモン”の鉄板焼き 香味ソース
島根県水揚げいろいろなお魚のフィッシャーマン風スープ
パルミジャーノレッジャーノで和える“おろちの爪”ペペロンチーノ風

■サイドアクションコーナー
トスカ“ベジタブルマスター”小山さんおすすめ野菜 ~ベジタブルマーケットスタイル~

■冷製料理
島根県産ポークのコリコリサラダ ジンジャーフレーバー
島根県水揚げお魚とシーズナルベジタブルのサラダ仕立て
島根県オリジナル野菜“あすっこ”のマリネ しじみフレーバー
島根県 奥出雲椎茸のバージンオリーブオイルマリネ タイム風味
島根県飯南町“やまと芋”のジェリンヌ グリーンオリーブディッシュ ほか

■温製料理
ケンボロー芙蓉ポークとトマトの煮込み
島根県産 いろいろな貝類のナージュ風 フレッシュハーブ風味
島根県産水揚げ お魚料理
島根県産ポーク“ホルモン”のソテー 塩麹フレーバー
島根県飯南町“やまと芋”のフリカッセ 黒胡椒とタイムの香り
宍道湖産大和しじみと生姜のピラフ  ほか

■デザート各種、ソフトドリンク各種

【関連記事】
ホテルニューグランドのイタリアンで大満足!セミ・ランチブッフェ
スイーツコンテスト最優秀賞「メープルの誘惑」が期間限定発売

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    「倍速視聴とスキップ」「ながら見」をしてしまう理由は? 新卒社員の本音に、映画オタクが“ガチ回答”

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    羽田空港行きの1番列車が発車! 外観も車内も“台湾づくし”の京急「ビビビビ!台湾号」運行開始

  • 世界を知れば日本が見える

    「iPhoneに盗聴されている気がする」会話内容が広告表示されるのは“錯覚”か。デジタル広告の正体とは

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「健診で服脱がされ…」保護者の投稿に、「タダ働き同然なのに」と医師ら反発 背景にPTAにもある理不尽