福岡国際マラソンで大迫が3位!MGC出場権を3選手が獲得

12月3日、第71回福岡国際マラソンが開催されました。このレースで新たに3選手がMGCへの出場権を獲得しました。今後の予定などをまとめました。

注目選手が多数出場した福岡国際マラソン、結果は?

12月3日、第71回福岡国際マラソンが開催されました。

今回は有力選手が国内外より多数集まり、東京五輪の出場選手を決めるための大会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権がかかるレースということもあり、注目を集めていました。
 

優勝はノルウェーのモーエン選手

レースは30km過ぎ、先頭集団がモーエン選手(ノルウェー)、キプロティク選手(ウガンダ)、大迫傑選手(Nike ORPJT)、カロキ選手(DeNA)の4人に絞られました。
 

その後、モーエン選手とカロキ選手が抜け出し、終盤でカロキ選手を振り切ったモーエン選手が、2時間05分48秒で優勝。終盤でペースが落ちたカロキ選手をキプロティク選手と大迫選手が逆転し、キプロティク選手が2時間7分10秒の2位でゴール。
 

大迫が日本歴代5位の記録で3位!上門、竹ノ内もMGC出場へ

大迫選手は日本歴代5位の2時間7分19秒の3位でゴール。この記録・順位は「MGC」の標準を突破したため、2019年に行われる「MGC」出場権を獲得しました。なお、カロキ選手は2時間8分44秒で4位でした。
 

また、一般参加で出場した、上門大祐選手(大塚製薬)が2時間09分27秒で6位、竹ノ内佳樹選手(NTT西日本)が2時間10秒01秒で7位に入り、大迫選手とともに「MGC」の出場権を獲得しました。
 

MGCにはこれで4選手が出場内定

大迫
6月、日本選手権10000mに出場した時の大迫傑選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

東京五輪に出場できるマラソン選手は、2019年9月以降に開催される「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」などによって決まります。


「MGC」へはすでに、8月に行われた北海道マラソンで1位だった村澤明伸選手(日清食品グループ)が出場を決めています。今回の福岡国際マラソンの結果、大迫選手、上門選手、竹ノ内選手が新たに加わり、この4選手が「MGC」出場権を獲得したMGCファイナリストということになります。
 

果たして次の「MGCファイナリスト」は誰になるのでしょうか。2017年度中に開催される選考レース(MGCシリーズ)は以下の通りです。

  • 2018年2月4日   別府大分毎日マラソン
  • 2018年2月25日 東京マラソン2018
  • 2018年3月4日   びわ湖毎日マラソン大会
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」