DAZN、ルール、優勝候補と賞金…25日開幕Jリーグ2017の見どころは

2017年シーズンのJリーグが2月25日に開幕する。今年のJリーグ、実は色々なことが変わっている。これまであまり伝えられていない変更点を、分かりやすく解説していこう。

2月25日に開幕するJリーグは、昨年までと比べていくつかの変化がある。以下に整理しよう。
 

3年ぶりに1ステージ制へ

鹿島
2016 Jリーグチャンピオンシップの表彰式で歓喜する鹿島アントラーズの選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

15年、16年はシーズンを2つのステージに分け、それぞれの優勝チームが年間王者を争った。ところが、昨年のリーグで2ステージ合計で最多勝点を記録した浦和レッズが、勝点で3位の鹿島アントラーズに敗れるという歪みが生じてしまった。当初から異論の多かった2ステージ制は、新たな原資の獲得などによって1シーズン制へ移行することになる。
 

試合中継はライブストリーミングが軸足に!

DAZN
DAZNもJリーグ開幕に向けて広告を展開している(写真:DAZNリリースより)

Jリーグは2017年から26年までの10年間に渡り、J1、J2、J3リーグをライブストリーミングサービス『DAZN(ダ・ゾーン)』でライブ配信される。これにより、『スカパー!』での中継はJ1クラブが出場するリーグカップのみとなった。
 

地上波ではNHK総合とNHKローカル、クラブがホームタウンを置く各地方局、衛星放送ではNHKBSで放映されるが、視聴環境の軸足は『ダ・ゾーン』となる。これにより、Jリーグは10年間で約2100億円の放映権収入を得る。果たして、その使い道とは…?
 

クラブへの配分金、賞金などがアップ!

『ダ・ゾーン』の放映権を原資として、Jリーグはクラブへの分配金や賞金を増額する。年に一度の均等分配金は、J1のクラブなら1億8千万から3億5千万円に。J2のクラブは1億円から1億5千万円、J3のクラブは1500万円から3千万円となった。
 

このほかに、理念強化配分金が新設された。いわゆる傾斜分配金と言われるもので、17年から19年までの3年は、Jリーグ1位~4位までのクラブに優勝の翌年から3年に分けて支給される。
 

優勝したクラブが手にするのは、3年合計でなんと15.5億円!2位は7億円、3位は3.5億円、4位は1.8億円だ。
 

優勝から4位への配分金を手厚くするのは、トップレベルのクラブの強化を充実させるためだ。アジアのクラブ王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(以下ACL)で、韓国や中国のクラブに苦しめられている現状を打破したい、とのJリーグの思惑が透けて見える施策だ。
 

アジアの選手なら日本人と同じ扱いに?

Jリーグが提携するタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、イラン、マレーシア、カタールの9か国の選手は、17年から日本人選手と同じ扱いになった。
 

Jリーグのゲームでは、外国籍選手が最大3人同時にプレーできる。これに加えて、アジア枠でもうひとりが出場可能だ。さらに提携9か国の選手がいると、最大で5人の外国籍選手がピッチに立てることになった。J1では北海道コンサドーレ札幌に、6月からタイ人選手が加入予定だ。
 

優勝候補は浦和と鹿島! 対抗馬はFC東京

最後にJ1リーグの優勝争いに触れよう。
 

保有戦力が厚いのは浦和だ。年間最多勝点を獲得した昨年のメンバーをほぼ維持しつつ、バックアップ層を充実させた。2月から5月まではACLとの掛け持ちで日程が厳しくなるが、十分に戦い抜くことができる。優勝候補の一番手、と言っていい。
 

昨季王者の鹿島も、実力者を補強した。前アルビレックス新潟のMFレオ・シルバ(31歳)、前ヴィッセル神戸のペドロ・ジュニオール(30歳)を獲得した。Jリーグで実績十分のふたりのブラジル人のほかにも、日本人選手をピンポイントで迎え入れている。浦和との比較でやや手薄なポジションはあるものの、勝負強さはJリーグ随一だ。リーグ連覇は射程圏にある。
 

浦和に続くのはFC東京か。GK林彰洋(29歳)、DF太田宏介(29歳)、MF高萩洋次郎(30歳)、FW大久保嘉人(34歳)、永井謙佑(27歳)と、日本代表経験者を大量に獲得したのだ。
 

浦和、鹿島、川崎フロンターレ、ガンバ大阪の有力クラブがACLに出場するのに対し、FC東京は国内の戦いに専念できる。同じくJ1リーグに力を注げる意味で、15年優勝のサンフレッチェ広島、清武弘嗣(27歳)がスペインから復帰したセレッソ大阪も、上位進出が予想される。
 

【関連リンク】

2017年のJリーグでチェックすべき選手はこの「イレブン」!

50歳で現役!“キング・カズ”はサッカー界の常識を覆す

大久保嘉人、中村俊輔…Jリーグの大型選手移籍を促した「特別な理由」

Jリーグ年間王者となった鹿島は、なぜ「下剋上」を果たしたのか?

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応