50歳で現役!“キング・カズ”はサッカー界の常識を覆す

日本サッカー界を引っ張るキング・カズこと三浦知良が、2月26日に50歳の誕生日を迎える。かくも長く現役を続けられる理由は? カズはいまでもチームに必要な戦力となっているのか?

三浦知良は開幕戦当日が50歳の誕生日!

カズ
C大阪との練習試合後、肩を組み笑顔を見せるカズ(写真:日刊スポーツ/アフロ)

Jリーグが開幕する今週末は、J1ではなくJ2にも大きな注目が集まるはずだ。J2横浜FCに所属する“キング・カズ”こと三浦知良が、2月26日の試合当日に50歳の誕生日を迎えるからだ。
 

1993年5月のJリーグ開幕戦のピッチに立った選手で、いまも現役を続けているのはカズひとりしかいない。現役選手でありながら伝説的な存在となっているが、果たして彼はチームの戦力となっているのだろうか。
 

長期の戦線離脱もなくシーズンを過ごせる理由は…

答えは「YES」だ。J2リーグは22チームがホーム&アウェイの2回戦総当たり、合計44試合で順位を争う。18チームのJ1より試合数は「8」多く、J1のようにシーズン中の中断期間もない。肉体的な負担は大きいが、昨シーズンのカズはほぼ半分の20試合に出場した。試合には出場しなかったもののベンチ入りしたゲームを加えれば、チームの34試合に関わっている。長期の戦線離脱もなくシーズンを過ごし、約7試合分の出場時間で2ゴールをあげた。
 

キャリアの全盛期とは違って、現在はストライカーではないポジションでプレーすることもある。そのなかでの2得点なのだ。戦力として計算されるだけの成績を残した、と言うことができるだろう。
 

それも頷ける。身体のケアには、とにかく余念がない。30代から専属トレーナーと契約を結び、シーズンを通してコンディション維持に努めている。今シーズンの開幕に向けては、昨年12月から自主トレで身体を作ってきた。
 

すべての選手が手本とするプロ意識

「プロとは何か」を体現するカズの存在は、若いチームメイトにとって最高のお手本だ。その影響力は、横浜FCだけにとどまらない。
 

カズのトレードマークとなっている背番号11を、リスペクトを込めて着ける選手は多い。プーマのスパイクを愛用する選手のほとんどすべては、「カズさんが履いているから」という理由で選んでいると言ってもいい。
 

Jリーグ全体の平均寿命が延びているのも、カズの影響が大きい。今シーズンのJリーグでは、41歳の川口能活(SC相模原)、39歳の中澤佑二(横浜F・マリノス)、38歳の中村俊輔(ジュビロ磐田)、37歳の小野伸二(北海道コンサドーレ札幌)といったベテランが、それぞれのチームを牽引している。昨年のJ1リーグでMVPに輝いた中村憲剛(川崎フロンターレ)も36歳だ(注;年齢は2月25日のシーズン開幕時)。
 

彼らが現役を続ける理由のひとつに、「カズさんより先にはやめられない」という気持ちがある。30歳を過ぎたらベテランで、35歳を過ぎたら大ベテランというサッカー界の常識を、カズは覆してきた。
 

カズ自身は「サッカーがうまくなりたい。1試合でも多く試合に出て、1点でも多く得点したい」という純粋な思いを、プレーを続ける原動力としている。プロ32年目の第一歩となる2月26日のゲームで、カズはどのようなプレーを見せるのか。メモリアルなゴールを数多く記録してきた“50歳のサッカー少年”なら、バースデーゴールを決めてもおかしくない。
 

【関連リンク】

2017年のJリーグでチェックすべき選手はこの「イレブン」!

DAZN、ルール、優勝候補と賞金…25日開幕Jリーグ2017の見どころは

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」