iPhoneは「防水」だから、水没しても故障しないと聞きました。本当ですか?【スマホのプロが解説】

iPhoneの耐水機能、iPhoneが水没してしまった場合の対処法ややってはいけないことについて、「All About」インターネットサービスガイドのばんかが解説します。

iPhoneの耐水性能
iPhoneは水没しても故障しないと聞きました。本当ですか?
年々機能が進化していくiPhone。最近のiPhoneには「耐水機能」が備わっており、これは最高水準だそうです。

そんなiPhoneの耐水機能ついて、「All About」インターネットサービスガイドのばんかが解説します。

(今回の質問)
iPhoneは水没しても故障しないと聞きました。本当ですか?

(回答)
iPhoneは「耐水性能」を有していますが、「防水」ではありません。従って、多少の水に対しては耐性がありますが、水没しないわけではありません。水に濡れてしまった場合は、適切に対処して、故障しないように気を配る必要があります。

どういうことなのか、以下で詳しく解説します。

iPhoneに「防水性能」はない?

iPhone 7以降のモデルには、防沫性能、耐水性能、防塵性能が備わっています。
気をつけなければいけないのが、あくまで「耐水性能」であり、「防水」ではない点です。

「防水」とは、水が染みたり通ったりせず、水によって変形や壊れないことを指します。一方の「耐水」は、飛沫や噴流に対する耐性のことを指します。

Appleの公式サイトでも、以下のような使用は控えるように注意喚起しています。

・iPhoneを着用したまま泳ぐまたは入浴する
・iPhoneに水圧が強い水や流速が大きい水をかける
・iPhoneをサウナやスチームルームで使う
・iPhoneを意図的に水没させる

耐水性のレベルはモデルによって多少の差異がありますが、「一時的な水濡れには耐えられるが、継続的な水没には耐えられない」という認識を持っておくとよいでしょう。

水没後の応急処置と正しい対処法

もしiPhoneが水に濡れてしまったら、以下の手順で適切に対処してください。

1. 糸くずの出ない柔らかい布でiPhoneを拭く
2. Lightningコネクタ、USB-Cコネクタを下に向けて手のひらに置き、優しく叩いて、余分な水分を出す
3. 風通しの良い乾いた場所で自然乾燥させる

また、以下のような対応は故障の原因になるので、控えるようにしてください。

・水に濡れた状態で充電はしない
・高温の熱源でiPhoneを乾かさない
・綿棒やペーパータオルなどをコネクタに挿入する
 
この記事の筆者:ばんか
月間50万PVを達成している「あなたのスイッチを押すブログ」を運営するブロガー。iPhone・Mac・Evernoteなど、ITサービスやガジェットの使い方を取り上げ、ビジネスやライフスタイルを楽しく便利にするヒントを紹介している。本業はホームページ制作会社のディレクター。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない