iPhoneに「侵害されたパスワード」という通知が来ました。パスワードが漏洩してしまったのでしょうか?

iPhoneで「侵害されたパスワード」という通知が来る理由や、通知が来たらどうすればいいのかについて、「All About」インターネットサービスガイドのばんかが解説します。

「侵害されたパスワード」という通知が来たときの対策
「侵害されたパスワード」という通知が来たときの対策
iPhoneユーザーの人は、「侵害されたパスワード」という通知を見たことがあるという人も多いのではないでしょうか?

この通知について、「All About」インターネットサービスガイドのばんかが解説します。
 

(今回の質問)
iPhoneで「侵害されたパスワード」という通知が来ました。パスワードが漏洩してしまったのでしょうか?

(回答)
「侵害されたパスワード」に関する通知が来ても、あなたのパスワードが漏洩したり、不正にログインされたわけではありません。従って、即座に何か対策が必要なものではありません。ですが、設定しているパスワードについてリスクが高い状態であることを意味しますので、該当のパスワードの設定を変更したほうがいいでしょう。

どういうことなのか、以下で詳しく解説します。

「侵害されたパスワード」という通知が来る理由は?

「侵害されたパスワード」の通知
「侵害されたパスワード」の通知
「侵害されたパスワード」は、iCloudキーチェーンがもつパスワードの管理機能です。iPhoneに保管されているパスワードを定期的にチェックして、安全性が低いと判断された場合に通知が届きます。

安全性が低いと判断されるのは、主に以下のケースです。

■ ありふれたパスワードが使われている
「111111」「abcdef」など、設定されているパスワードが容易に予測ができる単純なものである場合。

■ 再利用されている
複数のサービスで同一のパスワードを利用している場合。

■ 漏洩したデータに含まれている
インターネット上に漏洩しているパスワードのリストをAppleがチェック。それを照会し、該当したパスワードがあった場合。

通知が来たらどのように対応すべき?

パスワード管理の理想は、全てのパスワードをユニークなもので設定すること。複数のサービスに登録するにあたって、パスワードの使い回しは厳禁となっています。

また、パスワードは英数や記号の組み合わせをランダムで生成するのがいいとされています。上記の内容に合致しないリスクの高いパスワードは、設定のしなおしをすると良いでしょう。

まずはリスクの高いパスワードを確認します。設定アプリを開いたら、「パスワード」→「セキュリティに関する勧告」を選択。すると、リスクを警告されているパスワードがリストで表示されます。
「パスワード」→「セキュリティ」
「パスワード」→「セキュリティ」
タップして詳細を表示。「Webサイトのパスワードを変更」を押すと、このパスワードが利用されているサービスのWebサイトが開きますので、サービスの案内に沿ってパスワードの変更を行います。 
リスクを警告されているパスワードのリスト
リスクを警告されているパスワードのリスト
パスワードの変更は各サービスの案内に従う
パスワードの変更は各サービスの案内に従う
変更したパスワードを、キーチェーンのパスワードにも適用させたら完了です。
 
この記事の筆者:ばんか
月間50万PVを達成している「あなたのスイッチを押すブログ」を運営するブロガー。iPhone・Mac・Evernoteなど、ITサービスやガジェットの使い方を取り上げ、ビジネスやライフスタイルを楽しく便利にするヒントを紹介している。本業はホームページ制作会社のディレクター。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」