【カルディ】夏野菜と相性抜群の「れんこん梅マヨディップ」は常備必須! シャキっと食感も楽しい名脇役

夏野菜がおいしい季節になると、食感を楽しむために生のまま食べることも。ただ味に物足りなさを感じてしまうならば、ディップソースを使うのもよさそうですね。そこでこの記事ではカルディの「れんこん梅マヨディップ」を紹介していきましょう。

カルディの「れんこん梅マヨディップ」で夏野菜を美味しく食べちゃおう
カルディの「れんこん梅マヨディップ」で夏野菜をおいしく食べちゃおう
夏野菜がおいしい季節になると、漬物やマリネなどで食べることも多いでしょう。新鮮な場合は、食感を楽しむために生のまま食べることも。ただ味に物足りなさを感じてしまうこともあるので、ディップソースを使うのもよさそうですね。

そこでこの記事では簡単に活用できるカルディの「れんこん梅マヨディップ」を紹介していきましょう。

カルディの「れんこん梅マヨディップ」とは?

カルディの「れんこん梅マヨディップ」
カルディの「れんこん梅マヨディップ」
マヨネーズを使ったディップソースの中でも、カルディの「れんこん梅マヨディップ」は梅の風味がきいた和風テイストになっています。ディップする野菜の食感とれんこんのシャキシャキとした食感の両方が味わえますよ。

原材料や保存方法、カロリー、賞味期限は?

カルディの「れんこん梅マヨディップ」の原材料やカロリー
「れんこん梅マヨディップ」の原材料やカロリー
「れんこん梅マヨディップ」の原材料、カロリーや栄養成分は画像の通り。日時の経過によってれんこんが黒く変色することがありますが、品質には問題ありません。

2024年6月10日に購入した「れんこん梅マヨディップ」の賞味期限は、2025年1月11日です。未開封であれば直射日光を避けて冷暗所で保管します。開封したら冷蔵庫(10度以下)で保存して、早めに食べ切りましょう。

強めのマヨネーズの風味の中に梅の爽やかさ

「れんこん梅マヨディップ」はマヨネーズが強めの味
「れんこん梅マヨディップ」はマヨネーズが強めの味
「れんこん梅マヨディップ」はマヨネーズがベースになっていることもあり、その風味が強くなっています。その中に梅の爽やかな風味が隠れているというイメージで、それほど梅は強調されていません。

れんこんは歯ごたえを感じるくらいに大きくカットされているので、シャキシャキとした食感があります。柔らかい食材と組み合わせる場合には、この食感がとても活きてきますね。

「れんこん梅マヨディップ」を使った簡単アレンジ

夏野菜をディップ

「れんこん梅マヨディップ」と夏野菜の組み合わせ
「れんこん梅マヨディップ」と夏野菜の組み合わせ
トマト、きゅうりやズッキーニなど、冷蔵庫にある夏野菜に「れんこん梅マヨディップ」をつけていただきます。
野菜スティックは太めにカットした方がよさそう
野菜スティックは太めにカットした方がよさそう
「れんこん梅マヨディップ」のれんこんなどが大きめなので、スティック野菜が細すぎると落ちてしまいます。ある程度太くカットした方がよさそうです。

卵焼きのトッピングに

卵焼きのトッピングにもおすすめ
卵焼きのトッピングにもおすすめ
普段通りに作った卵焼きのトッピングに「れんこん梅マヨディップ」を使用しました。卵焼きにはだしが使われていますが、「れんこん梅マヨディップ」をつけることでマヨネーズの風味が加わり、コクが増すように感じました。目玉焼きのトッピングでもおいしいと思います。

まとめ

カルディの「れんこん梅マヨディップ」はつけるだけで、野菜をさらに美味しくしてくれる
「れんこん梅マヨディップ」はつけるだけで、野菜をさらにおいしくしてくれる
「れんこん梅マヨディップ」は、マヨネーズベースではありながら、梅の風味やれんこんのシャキッとした食感を楽しめる調味料です。みずみずしい夏野菜との相性も抜群なので、これからの季節に取り入れていきたいですね。

商品情報

商品名:れんこん梅マヨディップ
価格:448円(税込)
内容量:110グラム 
カロリー:316キロカロリー(100グラムあたり) 
販売地域:全国のカルディ各店またはカルディオンラインショップ
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない