「ママに見えない」板野友美、美尻あらわなグラビアショットに「勇気のいることだったと思います!」反響

タレントの板野友美さんは6月10日、自身のInstagramを更新。グラビアショットを公開し、ありったけの思いもつづり、「素直に最高にかっこいい生き方」と反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:板野友美さん公式Instagramより)

タレントの板野友美さんは6月10日、自身のInstagramを更新。グラビアショットを公開し、ありったけの思いもつづり反響を呼んでいます。

【実際の投稿:板野友美、美尻あらわに!】

「ともちんかっけぇ」

「今回ヤンマガさんの表紙を11年ぶりに飾らせていただくことになりました」と報告した板野さん。自身が表紙を飾る『週刊ヤングマガジン』(講談社)2024年28号の表紙画像1枚と写真5枚を載せています。写真の1枚目では、板野さんはイチゴ柄の紺色のビキニを着用し、圧巻の尻を披露しました。

続けて、同誌の表紙を飾る話が来た時に悩んだことを吐露しています。「でも、そんなことを悩んでいる時に、ハッと気付かされました。『もう〇歳だから』『ママなのに・・』『野球選手の妻だから…』この◯◯だから…という考え。環境や年齢に縛られず自分の心に従って挑戦する!ということを思い発信していたはずなのに、いつの間にか『世間一般のバイアス』にとらわれてしまっているということに」とのこと。

板野さんはやりたいことを全てやることが自身の幸せ、家族の幸せにつながると信じていると明かし、さらに「もっと自分のやりたい事を欲張って生きていいんじゃないかなって」「年齢やタイミングに縛られず、いつでもどんな事にも挑戦できる」と、前向きに述べています。

コメントでは、「とっても素敵です」「ともちんかっけぇ」「ともちんきれい」「いや、すごいよ」「素直に最高にかっこいい生き方」「勇気のいることだったと思います!かっこいいです!」「ママに見えない~現役AKBみたい」「素敵な思い全部読んで胸に刺さりました」など、さまざまな反響を呼びました。

自身のプロデュースについても言及

板野さんは今回の投稿に、1000文字を超えるありたっけの思いをつづっています。また、自身がプロデュースした「RoLuANGEL(ロールエンジェル)」についてもうれしい報告をしています。気になる人は、ぜひチェックしてみてくださいね!
 
次ページ
板野さんの普段の投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化