ジュキヤ&中町JPのTikTok配信事務所を設立発表。「誰がBANされたやつに教わるねん」

YouTubeの全チャンネルをBANされたジュキヤさんが、TikTok配信事務所の設立を発表しました。(サムネイル画像出典:ジュキヤさんのInstagramより)

YouTuberとして人気を博したジュキヤさんが6月1日、自身のX(旧Twitter)を更新。中町兄妹の中町JPさんと、TikTok配信事務所を設立したと発表しました。
 

【実際の投稿:ジュキヤ&中町JP、配信事務所を設立】

「誰が入るんだw」

ジュキヤさんは、「TikTok配信事務所作りました。ライバーになりたい方やまだ事務所入って方待ってます」(※原文ママ)とつづり、中町JPさんとの白いスーツを着用し、ファイティングポーズを取る写真を公開。また、ポストには同事務所の公式LINEのURLも添えられています。
 

このポストには、「じゅきぱっぱロスえぐい」「応援してる!」「大逆転ある?」「別の道見つけられてよかった」と肯定的な意見の反面、「無理無理」「誰が入るんだw」「変なの作ったね」「ライバーの経験ないのにどうやって育成するのか知りたい」「誰がBANされたやつに教わるねん」と辛辣(しんらつ)な声も上がりました。

波紋を広げたジュキヤさんのYouTubeチャンネルBAN

ジュキヤさんのYouTubeチャンネルは5月11日までに、コミュニティ ガイドライン違反によりメインチャンネル「ジュキヤ/Jukiya」が削除。後日、「ジュキぱっぱ」「じゅっくん GAMES」なども相次いで削除されました。これを受けてか、中町JPさんと出演している『中町JPとジュキヤのチョメチョメナイト』(ラジオ大阪/radikoほか)は5月21日の放送休止を番組のXで発表。今後の放送予定については現時点で、まだ発表されていません。
 

次ページ
ほかの関連投稿もチェック
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化