青戸しの、谷間&太ももあらわな“奇跡のプロポーション”披露! 「掴みどころのないのが魅力」

雑誌『週刊ヤングジャンプ』(集英社)の公式Instagramは、5月16日に投稿を更新。ライター兼モデルの青戸しのさんのグラビアショットを披露し、話題を呼んでいます。(サムネイル画像出典:『週刊ヤングジャンプ』公式Instagramより)

雑誌『週刊ヤングジャンプ』(集英社)の公式Instagramは、5月16日に投稿を更新。ライター兼モデルの青戸しのさんのグラビアショットを披露しました。

【実際の投稿:青戸しの、“奇跡のプロポーション”披露!】

『週刊ヤングジャンプ』に登場!

同アカウントは「文筆家・モデル…幅広く活動をする青戸しのちゃんがYJにてその奇跡のプロポーションを披露!」とつづり、青戸さんの写真4枚と画像3枚を公開。写真は胸などを露出したグラビアショットで、ランジェリーや網タイツなどを着用しています。谷間やおなか、太ももなどがあらわになっていて、まさに「奇跡のプロポーション」と言われてもおかしくないボディです。画像は、同日発売された『週刊ヤングジャンプ』No.24の表紙などです。

青戸さんは同誌で、センターグラビアに登場。投稿では「オシャレさ?儚さ? 掴みどころのないのが魅力です」と紹介されています。気になる人は、ぜひチェックしてみてくださいね!

自身のInstagramでも告知!

青戸さんは16日、自身のInstagramでも同誌の発売を告知。グラビアショットのほか撮影風景と思われるショットも載せています。今後も青戸さんのセクシーショットに注目です。
 
次ページ
青戸しのさんの投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    引退する「ドクターイエロー」。座席数、ねぐら、後継車両…実はあまり知られていない7つの秘密

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    「失礼なことを聞くようだけど……」外国人が不思議に思う、日本人女性の徹底した「白肌信仰」

  • 世界を知れば日本が見える

    サウナが根付く国の人々は「控えめでシャイ」。大統領も認める、日本人とフィンランド人の意外な親和性

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『ルックバック』や『帰ってきた あぶない刑事』も。2024年の「バディ映画」から見えてくる多様性と変化