「命こそ助かったものの後遺症が残り」影山優佳の弟・影山秀人が報告。姉もインスタでメッセージ

元日向坂46の影山優佳さんの弟で国士舘大学サッカー部所属の影山秀人さんが、5月15日に自身の公式Xを更新。身体的な問題で競技としてのサッカーを続けられなくなったことを明かし、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:影山秀人さん公式Xより)

元日向坂46の影山優佳さんの弟で国士舘大学サッカー部所属の影山秀人さんは5月15日、自身のX(旧Twitter)を更新。身体的な問題で競技としてのサッカーを続けられなくなったことを明かしました。

【実際の投稿:影山秀人、現在の心境を明かす】

「突然終わりがきてしまいました」

秀人さんは満面の笑みを見せる自身の写真と共に、「【サッカーを続けられなくなりました。】」「僕のサッカー人生に突然終わりがきてしまいました」と報告。理由については「3月の練習中に意識を失い、命こそ助かったものの後遺症が残り競技としてサッカーをプレーすることができなくなってしまったからです」と説明しています。

秀人さんは横浜F・マリノスジュニアユース、三菱養和SCユースを経て国士舘大学に進学。大学ラストイヤーとなる今年度にかけていた強い責任感や思いを明かし、「波が寄せるようにやってくる吐き気が落ち着き、今これを書いています」「まだ21歳とはいえ子供の頃から人生の全てを捧げたサッカーを失ってしまうことは簡単には受け止めきれず、このツイートをするまでにも心の整理に多くの時間がかかりました」と、苦しい胸の内をつづりました。

それでも秀人さんは「その一方で幸せも感じています。僕は今生きていて人生は続く。命を落とす可能性もあった中で意識が戻った。そんな幸せ者の自分にできることはこれまでのサッカー人生よりも豊かな人生を送ること」と前を向くと、「影山秀人、強く生きます!!」と投稿を締めくくっています。

コメント欄では「秀人さんの未来を応援します!」「引き続き影山さんを応援させて頂きます」「培ったものは決してなくならない。今後の人生に幸多かれと願います」「次なるステージでの活躍、切に願ってます!!」など、さまざまな声が寄せられました。

姉・優佳さんもInstagramで反応

姉の優佳さんも同日に自身のInstagramのストーリーズを更新。秀人さんからもらったという花束を持った写真と共に「私の大切な英雄に、ヒーローインタビューをするという夢があったからこそ、孤独を感じながらもその仕事を頑張ってこれました。本人の気持ちを思うとなんて言葉をかけたらいいのか、そしてどうやって一緒に前を向いたらいいのか、わからなくなったのに、そんな時でさえ笑顔でいる英雄が本当にかっこいいです」「新しい未来も絶対に大丈夫」と、秀人さんに向けたと思われるメッセージをつづりました。
 
次ページ
影山優佳さんのストーリーズも見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在