アインシュタイン河井、「肺炎が酷く進行」 治療のため休養を報告「悔しくて申し訳ない気持ちでいっぱい」

お笑いコンビ・アインシュタインの河井ゆずるさんは5月12日、自身のInstagramを更新。肺炎と今後について報告し、ファンからは温かい声が多数上がっています。(サムネイル画像出典:河井ゆずるさん公式Instagramより)

お笑いコンビ・アインシュタインの河井ゆずるさんは5月12日、自身のInstagramを更新。肺炎と今後について報告しました。

【実際の投稿:河井ゆずる、肺炎を報告】

「全快されるのをお祈りしてます」

「何とか騙し騙しやってたのですが、肺炎が酷く進行してたっぽくて少しの間検査と治療でお休みを頂きます」と報告した河井さん。続けて「せっかく呼んで頂いてたイベント、収録、ロケ、に行けないのが悔しくて申し訳ない気持ちでいっぱい」と吐露しています。

さらに「大阪の病院の待ち合い所で咳をしてたらおばちゃんが『いらんかも知れんけど、これ舐め』て渡されてちょっと泣きそうなった笑 おばちゃん、ありがとう!嬉しかったよ!!ほんで、何かようわからん味やった!!!」と、載せた1枚の写真について言及しました。

コメントでは、「ほんと、身体元気で、仕事やプライベートが成り立つから、今は、しっかり身体治してねっ」「令和にも飴ちゃん文化あるんですね笑ゆずるさんお大事に」「全快されるのをお祈りしてます」「体つらかったと思います…」「ゆずるさん無理せずしっかり休んでね」など、温かい声が多数寄せられています。

「体調の件で色々とコメント頂きありがとうございました!」

5日の投稿では、動画を載せ、元気に見える姿を披露していた河井さん。この時はまだ大丈夫だったのでしょうか。「体調の件で色々とコメント頂きありがとうございました!」と書いていることから、「騙し騙しやってた」時だった可能性もあります。今後また、河井さんの元気な姿が見られるのをゆっくり待ちたいですね。
 
次ページ
河井さんの普段の投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在