「おもいきりちょけてるやん」水上恒司、幼少期のおちゃめショット公開! 「可愛いすぎる」「ヤンチャ」

岡田健史という芸名で活動していた俳優の水上恒司さんは5月13日、自身のInstagramを更新。幼少期のおちゃめなショットを公開し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:水上恒司さん公式Instagramより)

岡田健史という芸名で活動していた俳優の水上恒司さんは5月13日、自身のInstagramを更新。幼少期のおちゃめなショットを公開しました。

【実際の投稿:水上恒司、おちゃめショット公開!】

「ちび恒司くんのおふざけ顔」

水上さんは「25歳も健やかにいきます!」とつづり、1枚の写真を載せています。子どもの頃のおちゃめなショットを公開。ピースサインに舌を出したおふざけポーズの無邪気な写真と共に、12日に迎えた25歳の誕生日を祝ってくれた人や自身の母への感謝を投稿しました。

コメントでは「25歳おめでとうございます」「こんなヤンチャな写真、見せてくれてありがとう〜」「可愛いすぎる 生まれてきてくれてありがとう」「この顔!わんぱくなお子ちゃまだったのね」「サイコー」「健やかに過ごしてね」「ちび恒司くんのおふざけ顔」「おもいきりちょけてるやん」と、称賛する声が相次ぎました。

母校を訪れたことを報告

水上さんは、自身のInstagramでプライベートショットや仕事の告知などをたびたび公開しています。3日の投稿では、母校である創成館高等学校に訪れたことも報告していました。今後も水上さんの投稿をぜひチェックしてみてくださいね!

 

次ページ
水上さんの投稿をもっと見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在