『イップス』第5話 バカリズムまさかの誘拐!? 衝撃ラスト&展開変化に「来週めっちゃ楽しみ」の声続出

5月10日に放送されたドラマ『イップス』第5話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:フジテレビ『イップス』公式Webサイト)

篠原涼子さん、バカリズムさんが共演するドラマ『イップス』(フジテレビ系)。5月10日放送の第5話では、ある出来事をきっかけに、“絶不調バディ”に不和の危機が……? ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。


>前回(第4話)のあらすじはこちら

イップス
画像出典:フジテレビ『イップス』公式Webサイト

第5話のあらすじ

“書けない”ミステリー作家・黒羽ミコ(篠原涼子)は小説のネタ集めのため、運転手を務める坂浦猛(渡辺大知)とともに裁判の傍聴へ。そこで、法廷画家と思われる男性・坂野恭二(渡部篤郎)が座っていることに気付きます。ミコはさらに弟の慧(染谷将太)が弁護する裁判を訪れ、そこでも坂野を見かけます。

同じころ、裁判所の屋上から男性が転落死する事件が発生。死亡したのはミコが傍聴していた弁護士の杉本(田中要次)。現場に駆け付けた“解けない”刑事・森野徹(バカリズム)の姿を見つけたミコは、早速この事件に首を突っ込むことに。

現場の状況から怨恨による殺人とにらみ、被害者に恨みを抱いていた坂野を怪しむミコと森野。しかし犯行時刻に坂野は慧が弁護していた裁判で法廷画家をしており、アリバイは完璧。坂野の余裕な態度に苦戦するミコは、森野といつも通り軽口をたたき合い「卑怯者」と口にします。すると森野はイップス発動どころか「もう二度と現場に来ないでください」と告げて立ち去ってしまいます。

慧はミコに、かつて起きたミコの著書を模倣した事件の担当刑事が森野だったことを伝え、謝るように促します。しかしいくら探しても森野は見つけられず、スマホのメッセージも未読のまま。一方、ミコは慧とともに坂野が犯人である証拠を突き止め、坂野の自供を引き出すことに成功。その裏で、森野は何者かに襲われていて――。

イップス
画像出典:フジテレビ『イップス』公式Webサイト

森野まさかの誘拐!? 衝撃ラストに「次回楽しみ」の声

森野にとって「犯人と疑っているのか?」という被疑者が口にするフレーズがイップス発動条件でしたが、ミコから「卑怯者」呼ばわりされたことでもトラウマ回帰。回を追うごとに名コンビぶりを育んでいたミコと森野が決裂状態に陥る中、森野が襲われるという衝撃的なラストで締めくくった第5話。次回はいよいよ、ミコの著書を模倣した「歪な十字架模倣事件」を巡り、真相に迫る新たな展開が訪れます。

X(旧Twitter)では、「森野なしで事件解決しちゃったよ~!」「森野無事に帰ってきてミコさんと仲直りするんだ!」「バカリズムがこんな単調なまま終わらすか?と思っていたところにガッツリ変化つけてくれて来週も楽しみ」「もしかして次回倒叙スタイル崩したりして…」「いやぁ、ああ繋がるとは…来週めっちゃ楽しみ」などさまざまなコメントが飛び交っています。

第6話では、森野と連絡がとれずイライラを募らせるミコに、慧からメッセージとともにURLが届きます。URLを開くと、物々しい雰囲気の部屋と森野の姿が。森野は「歪な十字架模倣事件」で誤認逮捕を黙認した自分は卑怯者だと語り――。本作も折り返し地点を迎え、物語展開にぐっと変化が訪れる様子。ミコと森野の“絶不調バディ”の行く末から目が離せません。

『イップス』あらすじバックナンバー

第4話
第3話
第2話
第1話
 

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

次ページ
第6話の予告を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在