奈良県出身の好きな芸能人ランキング! 2位は「堂本剛(KinKi Kids)」、では1位は?

奈良県出身の好きな芸能人ランキング! All About ニュース編集部が実施した独自アンケート調査結果から、KinKi Kidsの堂本剛さんを抑えた1位は?(サムネイル画像出典:堂本剛さんの公式Instagramより)

All Aboutニュース編集部は、全国の10〜60代の男女373人を対象に、「奈良・兵庫出身の芸能人」に関する独自アンケート調査を実施しました(調査期間:2024年3月22日〜4月22日)。今回は、その調査結果から、「奈良県出身の好きな芸能人」ランキングを発表します!

>11位までの全ランキング結果を見る

2位:堂本剛(KinKi Kids)

2位は、アーティストでアイドルデュオ「KinKi Kids」の堂本剛さん。奈良県奈良市出身です。

KinKi Kidsとしては、1997年のデビュー曲『硝子の少年』から、2024年1月リリースの『シュレーディンガー』まで47作連続でシングル1位を獲得し、ギネス世界記録の「デビューからのシングル連続1位獲得作品数」で歴代1位の記録を更新。さらに、「シングル連続1位獲得年数」でも1997年度から2024年度まで28年連続で記録を伸ばすなど、驚異的な存在感を放っています。

また、1月には、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」の百田夏菜子さんとの電撃婚を発表、3月末で所属事務所「SMILE-UP.」(旧ジャニーズ事務所)を退所し、個人事務所での活動継続を発表するなど、2024年は堂本さんにとってさらなる飛躍の年となりそうです。

回答者からは、「唯一無二の歌声と演技力が大好きだからです(50代女性/兵庫県)」「独特のセンスの音楽活動をしているのが良いと思うから(40代男性/静岡県)」「才能マンで、歌声と共に人柄内面も良く好きだからです(20代女性/兵庫県)」「顔、ビジュアル、歌声は勿論人としての考え方生き方の全てを尊敬しています(50代女性/埼玉県)」などのコメントが寄せられました。

1位:明石家さんま

1位は、“大御所”お笑いタレントの明石家さんまさん。和歌山県で生まれ、奈良県奈良市で育ちました。さんまさんが18歳の時に、落語家を志して二代目笑福亭松之助に弟子入りしますが、師匠のアドバイスでお笑いタレントに転向。関西圏にとどまらず、東京進出後は『オレたちひょうきん族』『笑っていいとも!』(ともにフジテレビ系)などの人気番組に多数出演しています。

俳優としてもテレビドラマや映画などに出演し、さんまさん主演の“伝説のギャグドラマ”『心はロンリー』シリーズの21年ぶりとなる最新作『心はロンリー 気持ちは「・・・」FINAL』(フジテレビ系)が4月に放送され、川口春奈さんや吉田羊さんなど豪華キャストで復活した作品に注目が集まりました。

回答者からは、「天才的に面白いからです(20代女性/神奈川県)」「右に出る人がいないくらい面白い(50代女性/大阪府)」「長年、お笑い関係の代表的な人物に君臨しているのにも関わらず、傲慢なことを聞いたことが無く、好印象だからです(40代男性/新潟県)」「大御所なのにファンサービスが良いという話しか聞かずとても好感が持てるし、トークも人を嫌な気持ちにさせることなく面白いから(40代女性/東京都)」などの声が多数寄せられました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
11位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在