植草美幸の恋愛・結婚相談ー編集部選ー 第4回

51歳男性、「2年はお付き合いを」母親の言葉に縛られるマザコン男に喝! 「母親とセットで結婚するの?」

婚活に励む視聴者から寄せられたお悩みに答える「植草美幸の結婚相談所マリーミー」。人気エピソードから、実母の圧に悩む婚活当事者の相談を紹介します。(サムネイル画像出典:「植草美幸の結婚相談所マリーミー」)

日本全国の婚活に励むユーザーから寄せられたお悩みに答えるYouTubeチャンネル「植草美幸の結婚相談所マリーミー」。人気エピソードから、実母の“圧”が強い51歳男性のお悩みを紹介します。

【実際の動画:51歳男性、母親の言いなりで結婚二の足】

相談者プロフィール

相談者本人:51歳男性
身長:172センチ
住まい:実家(母親と2人暮らしで実家から出たことはない)
学歴:高卒
職業:会社役員
年収:1100万円
資産:不動産・金融資産の運用益
相談:母を納得させて彼女と結婚したい

「2年間お付き合いしなさい」に従う50代の息子

自身は高卒だが高学歴で知的な女性がタイプ、年齢はプラスマイナス4歳までという相談者男性。40歳のとき、結婚相談所で37歳女性と真剣交際。母親に「2年はお付き合いしなさい」と言われ、そのことを女性と仲人に伝え、怒られて交際終了。その後、2021年に婚活パーティーで理想の女性と出会い、交際7カ月目を迎えたそう。その女性は52歳で婚姻歴あり。一流大学を卒業し、「教養も料理もプロ級」「38歳位に見える美貌とスタイル」で「私には完璧な女性」とべた褒めです。
 

それほど“お熱”な彼女から「(私と)結婚したいの?」と聞かれた際、母親に「『2年はお付き合い……』と言われると思う」「自然に結婚に行けるといいね」と答えたという男性。女性から「私は今年いっぱいしか待てない」と言われ、母親と彼女の板挟みに。「彼女と結婚したい」「でも母が年内結婚では納得してくれない」「最低でも1年は交際して(結婚を)決めたい」という男性が母を納得させ、彼女と結婚するには? というお悩みです。

「女性がみんなドン引きしますよね」

50歳を過ぎても母親の言いなりになっている男性に植草さんは、「母親とセットで結婚するの?」「女性がみんなドン引きしますよね」と、バッサリ。そもそも、実家から出たことがない男性に「まず、自立」と促します。また、交際3カ月(長くて6カ月)の結婚相談所で「交際2年を経てから結婚」と言う感覚が「ズレている」とも指摘。「こういう人が結婚相談所を利用されると、正直迷惑」と厳しい意見も飛び出しました。
 

植草さんは、「誰の結婚?」と訴え、母親の意見は「参考程度」にして「母親を安心させる」という気持ちに切り替えないと、誰と会っても無理と断言します。母親に対しても、「僕を何歳だと思ってるの?」と言った方がいいとも助言しました。
 

この記事の監修者:植草 美幸

結婚相談所マリーミー代表。恋愛・婚活アドバイザー。ラジオやWebメディアも含め、年間約2000件の恋愛・結婚相談を有し、自身が代表を務める相談所では年間成婚率80%を達成するなど業界異例の成果を誇る。『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)をはじめテレビ出演多数。著書に『ドキュメント「婚活」サバイバル』(青春出版社)、『結婚の技術』(中央公論新社)など。
次ページ
婚活の「実家問題」相談をもっと見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

連載バックナンバー

Pick up

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も