菊池風磨、人ごみの中を歩く姿に「え気づかれないの?」と驚きの声! 「オーラ出ちゃってるから」

timeleszの菊池風磨さんは5月7日、自身のInstagramを更新。プライベート? ショットを公開しました。(サムネイル画像出典:菊池風磨さん公式Instagramより)

timeleszの菊池風磨さんは5月7日、自身のInstagramを更新。プライベート? ショットを公開し、話題となっています。

【実際の投稿:菊池風磨、人ごみの中を歩く姿が話題に!】

「なんかまたゴツくなった!?」の声も

菊池さんは「#ふまぐらむ」のハッシュタグを添え、2枚の写真を投稿。神奈川県鎌倉市の観光名所・小町通りを歩いている様子でしょうか。サングラスやマスクを着用しているとは言え、人ごみの中を楽しそうに歩いています。

ファンからは「え気づかれないの?」「よくバレなかったね〜」「オーラ出ちゃってるから」「鎌倉に風磨くんいる世界線なんてあるんですか!?」「とてつもなく彼氏感えぐいんですけど…」など、驚きの声が殺到。ほかにも「なんかまたゴツくなった!?」「ガタイが良くなったね」などのコメントも寄せられました。

プライベート感あふれる後ろ姿も

5日の投稿でも、屋外を歩く後ろ姿の写真を公開していた菊池さん。今回の投稿のように人ごみを歩いているわけではありませんが、こちらもプライベート感あふれる1枚です。ファンからは「この大きな背中に飛び込みたいと思うのは自分だけじゃないはず」「前後左右イケメンすぎんだよ君は」などの反響が寄せられました。今後もすてきな投稿を期待したいですね。
 
次ページ
菊池風磨さんが5日に公開した投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在