4代目バチェラー黄皓、愛犬との“事故ショット”に癒されるファン続出! 「事故画も載せてくれるの笑」

実業家の黄皓さんは5月6日、自身のInstagramを更新。愛犬との事故ショットを投稿し、話題を呼んでいます。(サムネイル画像出典:黄皓さん公式Instagramより)

Amazonプライムビデオの人気恋愛リアリティー番組『バチェラー・ジャパン』に出演した4代目バチェラーで実業家の黄皓さんは5月6日、自身のInstagramを更新。愛犬とのツーショットを投稿しました。

【実際の投稿:黄皓、事故ショット】

「最後の2枚そっくりw」

黄皓さんは「最後の2枚の写真は流石うちの子だなって写真笑」とつづり、8枚の写真を投稿。愛犬・ぎょうざちゃんとのツーショットを披露しました。1~6枚目の写真では、見つめあったり一緒に遊んだりする姿を投稿しており、見ているだけで癒されるショットになります。7~8枚目は、黄皓さんとぎょうざちゃんが半目になってしまっている“事故ショット”を披露。表情までリンクしている姿にほほ笑ましさしかありません。

この投稿にファンからは、「最後の2枚、可愛い」「最後の同じお顔」「なんでそんな半目の写真あるの!」「最後の2枚そっくりw」「事故画も載せてくれるの笑」「ぎょうざちゃん可愛いです」と、絶賛の声が集まりました。

「愛娘です これからよろしくです」

2日の投稿では「愛娘です これからよろしくです」とつづり、ライブ配信でぎょうざちゃんを飼い始めたことを報告。コメントでは「可愛いすぎます」「名前も素敵です」と反響の声が集まりました。これからの黄皓さんの投稿がより楽しみですね。
 
次ページ
黄皓さんの投稿をもっと見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    港区女子は、なぜここまで嫌われる? 自活する女性から「おごられ」「パパ活」の代名詞になった変遷

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応