「オレンジ」の生産量が多い国ランキング! オレンジの原産国「インド」を抑えた1位は?

「オレンジ」の生産量が多い国ランキング! 総務省統計局「世界の統計2024」から、最新のランキングを発表します。オレンジの原産国「インド」を抑えた1位は?

「オレンジ」の生産量が多い国ランキング
「オレンジ」の生産量が多い国ランキング
日本では、温州みかんや早生みかん、デコポンなどのかんきつ類の多くが和歌山県や愛媛県など西エリアを中心に栽培され、日本で販売されているオレンジの多くはアメリカのカリフォルニアや南アフリカから輸入しています。今回は、総務省統計局が公表している「世界の統計2024」から、国別「オレンジ」の生産量ランキングを発表します。

>14位までのランキング結果を見る

2位:インド(1027万トン)

2位は、インドでした。熱帯や亜熱帯の地域で多く栽培されているかんきつ類の「オレンジ」は、紅茶でも有名なインドの北東部に位置するアッサム地方が原産といわれています。インドでは、オレンジのほかに、同じくアッサム地方が原産のレモンでも世界上位の生産量を誇ります。

日本の約9倍あるインドの国土面積の約半数を占める農用地面積は、なんと日本における農用地面積の約40倍。バナナやマンゴー、グアバ、パパイヤなどの南国フルーツにショウガ、オクラの生産量は世界第1位、米やトマト、牛乳などの生産量はオレンジと同じく世界第2位の中国に次ぐ食料生産国です。

1位:ブラジル(1621万5000トン)

1位は、ブラジルでした。ブラジルのオレンジは、人口1200万人以上のブラジル最大の都市・サンパウロがあるサンパウロ州を中心に栽培されています。日本人にもなじみのある「ネーブル」種のオレンジは、19世紀頃にブラジルで発見され、アメリカ経由で世界中に広がりました。

ブラジル産のオレンジは生産量の約30%がそのまま生鮮市場へ、70%は果汁の製造に使用され、オレンジ果汁を加工した濃縮果汁を世界中に輸出しています。ブラジル産のオレンジ果汁は、世界のオレンジ果汁市場の80%近くを占め、2022年時点で日本でもオレンジ果汁輸入量全体の約60%をブラジル産が占めています。

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
14位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在