日本への入国者が多い国ランキング! 2位「台湾」を抑えた1位は? 人気のエリアは「北海道」か

日本への入国者が多い国ランキング! 新型コロナウイルス感染症拡大前の水準まで回復している日本への新規入国者数。出入国在留管理庁が発表した調査から、最新の国別ランキングを発表します。(※サムネイル写真はイメージです)

日本に入国する外国人数ランキング
日本への入国者が多い国ランキング(※写真はイメージです)
出入国在留管理庁が2024年3月22日に公表した「令和5年における外国人入国者数及び日本人出国者数等」によると、2023年に日本に入国した外国人は2583万810人で、前年に比べ2163万2765人増加。新規入国者数は、2375万1693人で、前年に比べて2032万8162人増加し、新型コロナウイルス感染症拡大前である2019年の83.6%の水準まで回復しました。

新規入国者数の在留資格別で見た内訳は、観光客も含まれる「短期滞在」(2313万2035人)が最も多く全体の97.4%を占め、次いで「技能実習」(18万3030人)、「留学」(13万9574人)です。今回は、「日本に入国する外国人数」国別ランキングを発表します。

>10位までの全ランキング結果を見る

2位:台湾(407万3135人)

2位は、台湾でした。国内外の拠点でグローバルマーケティング業を展開しているアウンコンサルティングが2023年6月に公表した「世界12カ国の親日度調査」によると、台湾人の日本への好感度は、タイやベトナムに次いで高く、訪日意欲に関してもタイやインドネシアに次いで高い割合を示しました。

同じくアウンコンサルティングが2024年2月に公表した「2023年訪日外国人の年間動向と2024年の予測」によると、2023年時点での訪日リピーター数は、香港に次いで2位。リピート率87.9%を示しています。

親日度が高く、日本食や日本の四季の風景と自然に関心が高い台湾の人が日本のどこに興味を持っているのか、キーワード別の検索数を調査した結果によると、台湾人の検索が圧倒的に多かったのは「北海道旅行」。北海道の自然豊かな風景や北海道グルメ、台湾では味わえない北国の景色などに関心が集まっているようです。

1位:韓国(681万987人)

1位は、韓国でした。日本政府観光局(JNTO)が2024年4月に発表した最新のデータによると、3月の訪日外国人旅行者数(推計値)は、308万1600人。1カ月で300万人を突破し、過去最高記録を更新しました。訪日数を市場別にみると、1位は韓国で66万3100人、2位の台湾は48万4400人で、直近の1カ月をみても17万人以上もの差をつけています。

世界最大級の宿泊予約サイト「Booking.com(ブッキング・ドットコム)」によると、2023年の韓国の大型連休、秋夕(チュソク)期間に韓国の人々がブッキング・ドットコムのサイト上で検索した旅先の1位は「東京」でした。TOP5に大阪、福岡もランクインしており、日本への注目度が高まっていることがうかがえます。

韓国の首都・ソウルから成田空港までは日本円で1万円以下の格安航空券が充実しているほか、平均飛行時間が2時間半弱のアクセスの良さもあり、気軽に行きやすい外国として人気です。アウンコンサルティングが2023年6月に公表した「世界12カ国の親日度調査」によると、韓国の人は、特に日本食と漫画やアニメなど日本のカルチャーに好感を抱いているようです。

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」