あの、自称「肩幅ガンダム級ケツデカ女」な自撮りショットを公開! 圧巻スタイル際立つ姿に反響

歌手やタレントとして活動するあのさんは4月30日、自身のInstagramを更新。「肩幅ガンダム級ケツデカ女なので」とつづり、自撮り姿を披露しました。(サムネイル画像出典:あのさん公式Instagramより)

歌手やタレントとして活動するあのさんは4月30日、自身のInstagramを更新。鏡越しの自撮り姿を投稿しました。

【実際の投稿:あの、自称「ケツデカ女」な自撮りショット】

「肩幅ガンダム級ケツデカ女なので」

あのさんは「肩幅ガンダム級ケツデカ女なので」とつづり、2枚の写真を載せています。黒いトップスにジーンズを着用した、プライベート感のある姿を披露。さらに「上からも下からも入らない服ある時誠に悔しいです」とつづっていますが、1~2枚目の写真いずれも、体のラインがきれいで抜群のスタイルが際立つショットです。

「ダボダボオーバーサイズの服を着ることが多かったんですが今年はこういうのも着てこうって思ってみてはいます」と明かしたあのさん。今後もスタイルの良さが際立つ私服姿を見られるのが楽しみですね。

「最近こいつ」

8日の投稿では「最近こいつ」とつづり、自撮り姿を投稿。ルームウエアを着用し、人形を抱えた姿を公開しました。ふわふわ感があり、とても気持ちよさそうなショットです。ファンからは「ぬいぐるみかわいいあのちゃん大好き」「服もモコモコかわちい」と、反響の声が集まりました。
 
次ページ
あのさんの投稿をもっと見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」