長野旅行にぜひ寄って! スーパー「ツルヤ」を好きすぎるので、購入商品を紹介

ご当地スーパーのためだけに長野へ行くほど、「ツルヤ」が大好きな筆者。ゴールデンウイークに長野・群馬に行く人に見てほしい! ツルヤでおすすめのお土産商品を一挙紹介!

ゴールデンウイーク直前、早くも気持ちが高まる人も多いのでは? 中でも、首都圏からアクセスの良い信州へ行くという人も少なくないと思います。本記事では、スーパー大好きな筆者が中でも愛してやまない長野・群馬県のみに出店するご当地スーパー「ツルヤ」で買えるお土産を紹介します。
 

【記事内で紹介しきれなかったお土産画像はこちらから】

わざわざ群馬を経由しても行きたいツルヤ

ツルヤはプライベートブランド(PB)の商品が非常に充実しており、SNSでも長野土産としてよく、ツルヤのPB商品であるジャムやジュース、ドライフルーツが出てくるので、「知ってる知ってる!」という人も多いのでは。しかし非常に残念ながら、現在、長野県内に74店舗、群馬県内で4店舗しか展開していないため、通販で購入できない商品は長野か群馬まで買いに行くしかありません。
 

ということで、先日、三峯神社を参拝した後、本来はあしかがフラワーパークに行く予定でしたが、寄り道をして群馬県内のツルヤへ寄ってきました。以下に紹介するのは年に2~3回ツルヤへ行く筆者が、ほぼ毎回購入するリピート商品です。価格が分かる商品については価格(税別)も併せて紹介します。

1.「混濁ふじ」信州りんごジュース

ツルヤ
写真は全て筆者撮影(以下同)。1本から購入できるが筆者はいつも、迷わず箱買い

とにかくこれが、おいしいこと! ほかにも、「信州りんご」「ふじ」「シナノスイート」「紅玉」と、りんごジュースのラインアップは豊富ですが、筆者は「クリアタイプよりコクのある甘さ」の「混濁ふじ」が1番おすすめです。店舗では1本から購入可。飲み比べもいいですよ!

2.サラバンド(259円)

ツルヤ
レジのスタッフに「こんな商品ありました?」と聞かれた筆者

ズバリ、長野銘菓「雷鳥の里」によく似た味です。パッケージからあふれだすレトロ感、醸し出す昭和感。昭和生まれの筆者には、どこか懐かしさも感じます。バニラクリームをウエハースのような薄い生地でサンドしており、老若男女問わず、万人受けしやすいお菓子。

3.ポッポ 牛乳寒天/杏仁風味 牛乳寒天(各119円)

ツルヤ
ほかにコーヒー牛乳味もある

要冷蔵商品なので、お土産としてはちょっとハードルが高め。しかし、これが地味においしいのです。お風呂上りに食べると、おいしさ倍増! ただし、賞味期限が長くないのがネックです。

4.直火焼ひとくち煎餅(各179円)

ツルヤ
計20袋購入。通りすがりの客に「それ、おいしいの?」と聞かれた

これは衝撃的でした。塩味やしょうゆ味もありましたが、信州蔵づめ味噌味とあらびき黒こしょう味は別格! 筆者はそもそも、煎餅やおかきがそれほど好きではないのです。ただ、移動中の車内で小腹が空いた時用にと、なんとなく買ってみたら。最初のひと口はそうでもなかったのに、気が付いたらなくなっているという、1番沼にハマりやすいパターンの商品でした。そして、口の中が塩気で満たされるとサラバンド・ポッポが欲しくなる、エンドレス! 

5.レトルトカレー(299~339円)

ツルヤ
レトルトと思えない本格的な味に感動

レトルト食品って、正直苦手です。えぇ、ツルヤのPB商品以外は! グリーンカレーやマッサマンカレーもありますが、中でもビーフカレーとバターチキンカレーはマストバイ。ビーフカレーにはゴロゴロとした牛肉がふんだんに。そしてバターチキンカレーはナンを用意するだけで、お店のような味わいが。これなら「今日、ご飯ないの~?」という家族にも、ささっと出せて満足してもらえると思います。

紹介し足りない「ツルヤオリジナル」

ページの関係もあり、この辺で終わらざるを得ないのですが……。ツルヤのPB商品、おすすめはまだまだあります。長野といえば、みそ。こちらも蔵詰め(甘口・中甘)や糀みそなど。漬物(特にお気に入りは山芋の浅漬わさび風味)、アルコールも充実の品ぞろえです。ほかにも、ドレッシングなどちょっとしたお土産に喜ばれる価格にクオリティー。ツルヤ愛を語るには、記事1本では足りなかった、というのが正直なところです。
 

長野・群馬に旅行の際は、クーラーボックスを持参してツルヤをのぞいてみてはいかがでしょうか? きっとその魅力にハマると思いますよ。

次ページ
紹介しきれなかったツルヤオリジナル商品
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」