「ほっこり」元尼神インター・誠子、そっくりな祖母との幼少期ショット公開! 「似てる」「カワイイ」

元お笑いコンビ・尼神インターの誠子さんが、4月22日に自身のInstagramを更新。祖母に抱っこされた幼少期の写真を公開し、反響を呼んでいます。(サムネイル画像出典:誠子さん公式Instagramより)

元お笑いコンビ・尼神インターの誠子さんが、4月22日に自身のInstagramを更新。幼少期の写真を公開しました。

【実際の投稿:誠子、祖母に抱っこされる幼少期ショット】

「なんだか良過ぎて泣きそう」

誠子さんは「おばあちゃんがネイルかわいいって褒めてくれた むかしの私はほぼお餅です」とつづり、2枚の写真を投稿しました。1枚目では、祖母に握られた手のアップショットを公開。2枚目では、祖母に抱っこされた幼少期のツーショットを披露しています。祖母は誠子さんにそっくりな笑顔を見せていて、家族の関係性にほっこりとする投稿です。

ファンからは「ちびせいちゃんかわいすぎる」「おばあちゃんと誠子さん似てる」「なんだか良過ぎて泣きそう」「ほっこりするお写真」「やばっ、テロやん めっちゃめっちゃカワイイ」など、称賛の声が多く寄せられています。

3月末で尼神インターを解散

誠子さんは2007年9月に渚さんと尼神インターを結成。独特なネタとキャラクターで幅広く活躍するも、2024年3月末でコンビ解散を発表しました。現在は所属事務所も退所して“フリー芸人”としてラジオなどで活動しています。これからの活躍も楽しみですね。

【こちらも読む→尼神インター・誠子、コンビ解散&事務所退所を発表!
 
次ページ
誠子さんのほかの投稿も見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」