アマゾンジャパン、プライドテープ施策発表もリプ欄が“地獄”と化す「日本にいかに差別があるかを証明していますね」

アマゾンジャパンは4月15日に公式X(旧Twitter)を更新し、とある施策を発表。そのポストのリプライ欄が“地獄”と化しています。一体何が……?(サムネイル画像出典:アマゾンジャパン公式Xより)

アマゾンジャパンは4月15日に公式X(旧Twitter)を更新し、とある施策を発表。そのポストのリプライ欄が“地獄”と化しています。

【実際の投稿:アマゾンジャパン、プライドテープ施策発表!】

「Amazonの取り組みを支持します」

「虹色の想い、届いてますか?」と書き出し、「本日4/15より、一部の地域に特別な(虹の絵文字)テープがついた梱包が届きます」と発表した同社。「虹色は、LGBTQIA+支援の象徴として知られています」と続け、「届いたら #プライドテープ を付けて、ぜひ写真を投稿してください」と呼び掛けました。ポストには、Amazonから配達されるダンボールに虹色のテープ(プライドテープ)が貼ってある写真が4枚添えられています。とても素晴らしい施策ですね。

しかし、リプライ欄を見るとそこは……。「このキャンペーン中は注文するのやめるわ」「しばらく使うの止めようw」「え、やめてほしい」「不愉快なものを家に入れたくない」などと、“地獄”と化しています。堂々と差別する人たちが続出です。

引用ポストでは、「この取り組みがこんなに叩かれるってことは、日本にいかに差別があるかを証明していますね。日本は寛容だから差別はないは大嘘。Amazonの取り組みを支持します」「批判が多いようですが、願わくばそういう日が普通に受け入れられる世の中になればえぇなぁと」「すっごい差別者が沢山湧いてる」「こんなに美しい段ボールないよ」と、アマゾンジャパンの取り組みを支持する声が上がりました。

「東京レインボープライド2024」にも協賛

アマゾンジャパンは今回、「ジェンダーにとらわれない文化を促進するための取り組みの一環」として、LGBTQIA+の人々などを象徴するレインボーのテープを使用することにしたようです。また同社は、19~21日に開催されるイベント「東京レインボープライド2024」に協賛しています。性的マイノリティの人々がまだまだ生きにくい日本ですが、これから変わっていくことを願いたいですね。
 
次ページ
アマゾンジャパンの普段のポストも見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    深刻な男女賃金格差から「港区活動」を“就職先”にする危険性。港区女子になれなかった女子大生の末路

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    外国人観光客向け「二重価格」は海外にも存在するが……在欧日本人が経験した「三重価格」の塩対応