楽しんご、同性との“入籍”を発表&年内に挙式! 同性婚ができない日本における「入籍」の意味とは?

タレントで整体師の楽しんごさんは4月2日、自身のXを更新。同性との“入籍”の報告をしましたが、日本では同性婚はできません。「入籍」の意味とは一体?(サムネイル画像出典:楽しんごさん公式Xより)

タレントで整体師の楽しんごさんは4月2日、自身のX(旧Twitter)を更新。楽しんごさんとお笑いコンビ・おいなりを結成している渋谷りゅうきさんとの“入籍”を報告しました。

【実際の投稿:楽しんご、“入籍”の報告!】

「おめでとう御座います!」

楽しんごさんは「遅ればせながら まさかの僕達入籍しました!」とつづり、写真を1枚載せています。楽しんごさんと渋谷さんのツーショットです。続けて「もう知り合って10年以上かなw この人しか居ないって思い僕から告白しました!」と明かし、「年内10月頃結婚式しますのでまたご報告致します」と今後の予定についても報告しました。

コメントでは、「おめでとう御座います!」「え、これちゃんと4月1日過ぎてからの入籍発表だからガチで結婚ですよね?」「エイプリルフールは終わってるので、、、ガチか!!おめでとう!!」「末永く幸せにお過ごしください」と、祝福の声が多数上がりました。

「入籍」とは?

楽しんごさんは今回「入籍」という言葉を使いましたが、日本では同性婚はいまだ法整備されていません。すでにある戸籍に入ることを「入籍」と表現するため、もしかしたら「養子縁組」をして、楽しんごさんと渋谷さんはどちらかの戸籍に入った可能性があります。「養子縁組」をすれば、戸籍上は「家族」となるため、結婚できない同性カップルがさまざまな障害に対処する1つの手段となっています。

G7(主要7カ国)の中で唯一、同性婚が認められていない日本。現在は、同性カップルが日本各地で訴訟を起こしている状態です。3月14日には札幌高等裁判所の2審で、同性婚を認めないのは憲法違反との判決が出ました。

今回の楽しんごさんの“入籍”報告は、少しでも多くの人が「同性婚」について考えるきっかけになると良いですね。
 

次ページ
楽しんごさんの普段の投稿も見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「身長が193センチあるので……」日本大好きなニュージーランド人が、日本の電車で困っていることは?

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない