2万人の25卒に聞いた「不動産業界の就職ブランド」ランキング! 2位「三井不動産」、1位は?

文化放送キャリアパートナーズの就職情報研究所は、2025年卒業予定の学生2万1649人を対象とした「就職ブランドランキング調査」の結果を発表しました。「不動産」業界のランキングの2位は「三井不動産」、1位は?

2万人の25卒に聞いた「不動産業界の就職ブランド」
2万人の25卒に聞いた「不動産業界の就職ブランド」
文化放送キャリアパートナーズの就職情報研究所は、2025年卒業予定(2025年春入社希望)の学生2万1649人を対象とした「就職ブランドランキング調査」の結果を発表しました。調査期間は2023年10月1日~2024年3月15日で、志望企業を1位から5位まで選択する投票方式です。

本記事では、「不動産」業界の就職ブランドランキングを紹介します。
 
>10位までのランキング結果を見る

2位:三井不動産

2位は「三井不動産」でした。三井不動産は、日本有数の総合デベロッパーです。オフィスビルや商業施設、ホテル・リゾート、物流施設、住宅など、多岐にわたる事業を展開。

複合施設の開発にも力を入れており、利便性の高い街づくりを推進しています。

1位:三菱地所

1位は「三菱地所」でした。三菱地所は、130年以上にわたり東京・丸の内を中心とした大規模な街づくりを手掛ける総合デベロッパーです。

丸の内で培ったノウハウを生かし、国内各地や海外でも都市開発を推進。DXやオープンイノベーションにも力を入れ、時代を先取りする新たな価値の創出に取り組んでいます。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」