無印良品の「収納アイテム」は“組み合わせ”て使うのがおすすめ! 元社員激推しの名脇役アイテムとは

衣服雑貨や食品、家具から家電までそろう日用品ブランド・無印良品。季節感あるアイテムがたくさん登場しています。今回は無印良品で購入した、新生活におすすめしたい「収納用品」をご紹介。

衣服雑貨や食品、家具から家電までそろう日用品ブランド・無印良品。新生活に合わせて、来店した人もいるのではないでしょうか。

今回は、筆者が実際に無印良品で購入した、新生活におすすめの「収納用品」をご紹介します。

「再生ポリプロピレン入り頑丈収納ボックス(ミニ)」

「再生ポリプロピレン入り頑丈収納ボックス(ミニ)」税込1790円
「再生ポリプロピレン入り頑丈収納ボックス(ミニ)」税込1790円
最初にご紹介するのが、無印良品「再生ポリプロピレン入り頑丈収納ボックス(ミニ)」。無印良品で人気の「頑丈収納」シリーズで1番小さいサイズです。

アウトドアはもちろん、小サイズよりもスリムなため圧迫感が少ないのがうれしい! 室内でも使いやすいのがポイントです。
「再生ポリプロピレン入り頑丈収納ボックス(ミニ)」税込1790円
簡易的な腰掛けとしても使用できるのでアウトドアにもおすすめ
ポンと置いていても違和感のないグレーな色味で、表に出したくないものをギュッとしまい込むのもおすすめ。その名の通り頑丈なので、簡易的な腰掛けとして座ったりテーブルのように使用したりもできます。

「やわらかポリエチレンケース・ハーフ・大」

「やわらかポリエチレンケース・ハーフ・大」税込690円
「やわらかポリエチレンケース・ハーフ・大」税込690円
次は、無印良品「やわらかポリエチレンケース・ハーフ・大」。「やわらかポリエチレン」は、これまた人気の収納シリーズです。
「やわらかポリエチレンケース・ハーフ・大」税込690円
筆者は洗面所の棚に置いて愛用中。見せたくない洗剤のストックを入れています
四角形のものは高さ別に小・中・大・深の4タイプ、横幅は通常サイズとハーフサイズがあります。ちなみに、別売りで各タイプに合うフタも販売中。別売りのフタを組み合わせて、複数のサイズを重ねながら収納できるのも、このシリーズの売りの1つです。

私は幅の小さいハーフサイズを多く愛用。素材の特性上、洗面所やお手洗いなど水場でも使用しやすいように感じます。

「アルミS字フック・中」「ステンレスひっかけるワイヤークリップ」

「アルミS字フック・中 2個入」「ステンレスひっかけるワイヤークリップ」
左「アルミS字フック・中 2」(税込190円)、右「ステンレスひっかけるワイヤークリップ」(490円)
無印良品の収納用品のなかでも、名脇役だと思うのがフック・クリップ類! なかでも筆者のお気に入りは、S字フックとひっかけるワイヤークリップです。
「アルミS字フック・中 2個入」「ステンレスひっかけるワイヤークリップ」
「ワイヤーバスケット」との組み合わせもおすすめ
アルミS字フックは洗面所やお風呂場で愛用中。無印良品のワイヤーバスケットとの組み合わせで「浮かせる収納」をつくっています。
「アルミS字フック・中 2個入」「ステンレスひっかけるワイヤークリップ」
キッチン下のちょっとした吊り下げ収納におすすめ!
また、ワイヤークリップは家の各所で大活躍。鍋つかみや台拭きをかけるのに重宝します。

「頑丈収納」と「やわポリ」は組み合わせも可能!

「頑丈収納」と「やわポリ」組み合わせ例
「頑丈収納」と「やわポリ」を組み合わせて簡易ゴミ箱に
個人的に無印良品の収納シリーズで気に入っているポイントは、それぞれ組み合わせの自由度が高いところ。

たとえばわが家では、今回ご紹介した「頑丈収納」シリーズと「やわらかポリエチレン」シリーズとを組み合わせて簡易ゴミ箱として使用しています。分別もできるので、まとめるのも簡単で便利です。
「頑丈収納」と「やわポリ」組み合わせ例
冷蔵庫横のデッドスペースを利用しています
新年度で気持ちを新たに、引っ越した人は新しいお部屋づくりなどに、ぜひ無印良品の収納シリーズを試してみてはいかがでしょうか。

この記事の筆者:花輪えみ プロフィール
千葉県出身。都内の無印良品3店舗で勤務経験があり、内1店舗では副店長を務める。勤務時は食品や生活雑貨を担当。無印良品のイチオシ商品は「全粒粉ビスケット」。良品計画退職後はライター/編集者として活動し、記名ライター歴8年目を迎える。女性向けサイト編集、兼業ライターを経て現在フリー。趣味は散歩。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」