フリーになっても活躍できそうな「NHK」のアナウンサーランキング! 2位「和久田麻由子」、1位は?

All About ニュース編集部が実施した「NHKのアナウンサーに関するアンケート」から、今回は「フリーになっても活躍できそうなNHKのアナウンサー」ランキングを発表します! 2位「和久田麻由子」、1位は?(サムネイル画像出典:NHKアナウンス室公式Xより)

All About ニュース編集部は1月11日~2月27日の間、全国10~70代の男女265人を対象に、「NHKのアナウンサー」に関するアンケートを実施しました。本記事では、「フリーになっても活躍できそうなNHKのアナウンサー」ランキングを紹介します。

>9位までの全ランキング結果を見る

第2位:和久田麻由子(62票)

2位には、「和久田麻由子」さんが選ばれました!

2011年にアナウンス室に入局、『ニュースウォッチ9』『ニュース7』など、NHKを代表するニュース番組に出演してきた人気アナウンサー。現在は第2子を妊娠中で、2024年4月より産休期間となっています。

コメントを見ると、「機転が効いて、どんな時も丁寧に対応できそう」(40代女性/神奈川県)や、「報道番組も、バラエティの司会も、両方、臨機応変にこなせる感じがする」(30代女性/千葉県)、「どの方も話し方に安定感があって、知的で、対応力もあるように感じるから」(40代回答しない/神奈川県)といったコメントが寄せられていました。

「機転が利く」「対応力がある」や「安定感がある」「ニュースも聞き取りやすい」といった意見が特に多く見られます。ほかにも、「万人受けするタイプ」や「才色兼備とは和久田アナウンサーの為にあるよう」など、和久田さん本人の人柄や魅力を挙げる人もいました。

第1位:桑子真帆(74票)

1位は、「桑子真帆」さんでした!

2010年にNHKアナウンス室に入局。『ニュースウォッチ9』『NHKニュースおはよう日本』などを担当し、現在は『クローズアップ現代』でキャスターを務めています。

自由回答を見ると、「ネームバリュー的な。もう既に看板キャスターなので十分ではないかと思う」(40代女性/茨城県)や、「ニュースもバラエティも経験が豊富でフリーでも活躍できそう」(50代男性/北海道)、「突然の問いかけや無茶振りでもアドリブで対応できそうなため」(40代男性/秋田県)といったコメントが寄せられていました。

特に多かったのは「どこに行ってもやっていけそう」や「アドリブ力」「さまざまな番組を経験している」といった意見です。『ブラタモリ』を担当したことが知名度アップに繋がったこともあり、他局に出演している姿も容易に想像できますね。

※コメントは全て原文ママです

この記事の筆者:斉藤 雄二 プロフィール
新潟出身、静岡在住の元プロドラマー。ライター執筆歴は約8年。趣味は読書とフィットネスとfiat500でドライブに出かけること。最近はeSportsの試合観戦が楽しみです。メインMCを担当するPodcast番組「だいたい二畳半|ホントは面白い住まいの話」をSpotifyやApplePodcastで配信中!

次ページ
9位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • ヒナタカの雑食系映画論

    草なぎ剛主演映画『碁盤斬り』が最高傑作になった7つの理由。『孤狼の血』白石和彌監督との好相性

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」