声が好きな「NHK」のアナウンサーランキング!「桑子真帆」「井上あさひ」「高瀬耕造」を抑えた1位は?

All About ニュース編集部が実施した「NHKのアナウンサーに関するアンケート」から、今回は「声が好きなNHKのアナウンサー」ランキングを発表します! 2位「桑子真帆」、1位は? (サムネイル画像出典:NHKアナウンス室公式Xより)

All About ニュース編集部は1月11日~2月27日の間、全国10~70代の男女265人を対象に、「NHKのアナウンサー」に関するアンケートを実施しました。本記事では、「声が好きなNHKのアナウンサー」ランキングを紹介します。

>8位までの全ランキング結果を見る

同率2位:桑子真帆(32票)

同率2位の1人目は、「桑子真帆」さんです!

NHKの子ども番組『ワラッチャオ!』で抜てきされ、その後は『ニュース7』などの報道番組を担当。『クローズアップ現代』や『ブラタモリ』といった番組も担当するなど、幅広いジャンルで活躍してきました。

アンケートに寄せられた自由回答を見ると、「顔も整っていますが、ニュースなど聞いていると、集中して聞いていられるから」(40代男性/茨城県)や、「ナレーションを聞いていると、聞きやすく内容が印象に残るため」(50代男性/千葉県)、「落ち着いた声のトーンで安心するから」(20代女性/福岡県)といったコメントがありました。

同率2位:井上あさひ(32票)

同率2位の2人目は、「井上あさひ」さんでした。

2004年にNHKに入局した井上さん。鳥取放送局、広島放送局を経て東京アナウンス室に入局し、2011年からの4年間は人気番組『ニュースウォッチ9』でメインキャスターを務めました。2024年4月からは『きょうの健康』で司会を務めています。

回答者からは「落ち着いて聞きやすい声だから」(50代男性/茨城県)、「安定感があり、安心して聞いていられる」(30代女性/千葉県)、「抑揚のつけ方も、トーンも心地良いからです」(50代女性/神奈川県)などの声が寄せられています。

同率2位:高瀬耕造(32票)

同率2位の3人目は、「高瀬耕造」さんでした!

高瀬さんは新潟放送局、広島放送局を経て東京アナウンス室に入局。過去に『おはよう日本』『ニュース7』などNHKを代表する数々の番組を担当してきました。2023年4月からは大阪放送局に異動。同年に放送された『第74回NHK紅白歌合戦』で司会を務めたことでも注目を集めました。

回答者からは「しっかりとした安定感のある声で落ち着く」(40代女性/福岡県)、「ニュースを読んでいた時の声がとても聞きやすかったから」(20代女性/熊本県)、「角のない柔らかい声で、落ち着きがあって聞きやすいです」(40代女性/東京都)といった声が寄せられています。

第1位:和久田麻由子(54票)

1位は、「和久田麻由子」さんでした!

2011年にNHKに入社し、『おはよう日本』や『ニュースウォッチ9』といった報道番組を担当。ほかにも『ゆく年くる年』や『ダーウィンが来た!』といった番組への出演歴もあります。クリアな声質で、しっかりと聞き取りやすいしゃべりが印象的な人気アナウンサーです。

自由回答では、「スペシャル番組でのナレーションが素晴らしい。声もスピードも最高」(60代男性/大阪府)や、「とてもクリアで聞き取りやすい声だと思ったから」(40代女性/佐賀県)、「緊急ニュースなどの真面目なニュースをしっかり読んでいるイメージがある」(30代女性/青森県)といったコメントが寄せられていました。

※コメントは全て原文ママです

この記事の筆者:斉藤 雄二 プロフィール
新潟出身、静岡在住の元プロドラマー。ライター執筆歴は約8年。趣味は読書とフィットネスとfiat500でドライブに出かけること。最近はeSportsの試合観戦が楽しみです。メインMCを担当するPodcast番組「だいたい二畳半|ホントは面白い住まいの話」をSpotifyやApplePodcastで配信中!

次ページ
8位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在

  • 世界を知れば日本が見える

    もはや「素晴らしいニッポン」は建前か。インバウンド急拡大の今、外国人に聞いた「日本の嫌いなところ」