日向坂46・齊藤京子、“アイドル最後のグラビア”ショット! 「彼女感好き」「なんて美しいんだ」

日向坂46の齊藤京子さんは4月4日、自身のInstagramを更新。“アイドル最後のグラビア”ショットを公開しました。(サムネイル画像出典:齊藤京子さん公式Instagramより)

日向坂46の齊藤京子さんは4月4日、自身のInstagramを更新。“アイドル最後のグラビア”ショットを公開し、反響を呼んでいます。

【実際の投稿:齊藤京子、“アイドル最後のグラビア”ショットを公開!】

「とても卒業らしい号となっております!」

齊藤さんは「週刊少年チャンピオン 人生初のソロ表紙を務めさせていただいたこの雑誌で、アイドル最後のグラビアをやらせていただけたことが大変光栄です」とつづり、5枚の写真を投稿。同日発売の少年漫画誌『週刊少年チャンピオン』No.18(秋田書店)のカットもしくは、オフショットでしょうか。1、2枚目に青いニットを着用した姿、3枚目に制服姿、そして4、5枚目に白いドレスを着用した姿を載せました。齊藤さんは「制服を着たり、お手紙を書いたり、サイリウムカラーの白のドレスを着たりと、とても卒業らしい号となっております!」と、同誌を紹介しています。

ネット上では「あーなんて美しいんだろう」「青ニットの彼女感好き」「白い花束とお洋服すっごく似合ってる」「必ず買いにいきます」「初めてソロ表紙をした週刊少年チャンピオンで終われるって素敵だね」などの声が寄せられました。

カバーショットも公開

同誌公式X(旧Twitter)アカウントも3日、投稿を更新。齊藤さんが表紙を務めたカバーショットを公開しています。今回の投稿にもあった白いドレスを着用した姿でしょうか。とても爽やかな印象です。齊藤さんは、5日の卒業コンサートを最後に日向坂46を卒業。“アイドル最後のグラビア”が気になった人は、ぜひ同誌もチェックしてみては。
 
次ページ
『週刊少年チャンピオン』のカバーショットも見る!
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    国鉄特急を回顧する写真展を鉄道博物館で開催! 今はなき「絵入りトレインマーク」も展示

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『先生の白い嘘』のインティマシー・コーディネーター不在を改めて考える。「入れれば万事OK」ではない