【鎌倉の桜2024】お花見スポットはいつ満開? すでにかなり咲き進んでいる場所も(4/3現地確認)

2024年4月3日(水)、神奈川県鎌倉市の代表的な花見スポットに足を運び、桜の開花状況を現地確認。チェックしたのは建長寺、鶴岡八幡宮の源氏池、段葛(だんかずら)の3カ所。かなり咲き進んでいる場所もあった。今週末の花見計画の参考にしてほしい。

2024年も待ちに待ったお花見シーズンがやってきた。東京では3月29日(金)に開花宣言が出されたが、神奈川県の人気観光地、鎌倉の桜はいつ頃に満開を迎えそうだろうか。4月3日(水)、現地に足を運び、開花状況をチェックしてきた。

北鎌倉の建長寺の桜

まずは、JR横須賀線を北鎌倉駅で下車して、建長寺へ。建長寺は鎌倉五山第一位に列せられる鎌倉を代表する禅宗寺院。北鎌倉駅からは県道を鎌倉駅方面へ徒歩15分ほど。拝観受付と山門(三門)の間に、見事な桜並木がある。

まだ、それほど咲き進んでいないだろうと期待せずに足を運ぶと、予想に反し、山門前は咲き誇る桜の花で真っ白になっていた。8~9分咲きというところか。

建長寺参道の桜
建長寺参道の桜(2024年4月3日撮影)

「ここは、他所よりも開花が早いですからね」と受付の女性。地面を見ると、すでに散った花びらがちらほらと見られた。週末に向けて、強風が吹かないことを祈りたい。

鶴岡八幡宮の源氏池の桜

建長寺から県道をさらに7~8分ほど歩くと、鎌倉を代表する神社、鶴岡八幡宮の境内の森が見えてくる。境内にある源氏池、平家池のほとりは、桜の名所として知られている。

鶴岡八幡宮源氏池の桜
鶴岡八幡宮源氏池の桜(2024年4月3日撮影)

源氏池の桜は場所にもよるが、全体としては現在、4~5分咲きというところ。池の南側の木々が咲き進んでおり、週末には満開に近づくだろう。

次ページ
鶴岡八幡宮参道「段葛」の桜の様子は?
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化