「長崎県の行きたい温泉」ランキング! 2位「壱岐・湯ノ本温泉」、1位は?

All About ニュース編集部は、2月16日~3月18日の期間、全国10~60代の323人を対象に「九州地方の温泉」に関するアンケート調査を実施。「長崎県の行きたい温泉」1位に輝いたのは?

長崎県で行きたい温泉地ランキング
長崎県で行きたい温泉地ランキング
春の行楽シーズンに、いつもより足を伸ばして旅行に出掛けたいという人も多いのではないでしょうか? そんな時に参考にしたい「九州地方の温泉」について、All About ニュース編集部がアンケート調査を行いました(2月16日~3月18日の期間、全国10~60代の323人を対象に実施)。

この記事では、「長崎県の行きたい温泉」ランキングの結果を紹介します!

>10位までの全ランキング結果を見る

第2位:壱岐・湯ノ本温泉

2位にランクインしたのは、壱岐島にある「壱岐・湯ノ本温泉」。玄界灘に浮かぶ、自然豊かで風光明媚な島の入り江にある温泉地です。療養規定値約15倍の高濃度温泉を全ての温泉施設で自家源泉・源泉かけ流しで楽しめます。

泉質はナトリウム-塩化物温泉で、赤褐色のにごり湯が特徴です。また、保温・保湿に優れた「熱の湯」としても知られ、短い時間の入浴でも芯から体を温めてくれます。夕日に浮かぶ美しい島々の風景を眺めながら上質な湯に浸かる時間は、極上のひと時と言えそうです。

回答者からは、「きれいな海が見れそうだから」(東京都・30代女性)、「離島に興味があるので、ついでに行ってみたい」(佐賀県・30代男性)、「魚も美味しいし、湯もいい」(大阪府・50代男性)といった意見が上がりました。

第1位:雲仙温泉

1位に輝いたのは、雲仙市にある「雲仙温泉」でした! 日本初の国立公園に指定された温泉保養地で、標高700メートルの場所に位置する温泉地です。温泉街と一体化するように広がる「雲仙地獄」では、噴煙が絶えず吹き上がる様子を見ることができます。

約350年の歴史を持つ古湯の泉質は、殺菌効果のある硫黄泉。硫黄の香り漂う乳白色のお湯は、体を芯から温めてくれます。温泉とともに、名物の温泉たまごや郷土料理の具雑煮(ぐぞうに)など、ご当地フードも楽しめます。

回答者からは、「有名な硫黄泉を体験してみたいからです」(愛知県・50代女性)、「雲仙普賢岳を登ったあと汗を流したい」(長崎県・30代女性)、「雲仙岳で火山を見てみたい」(栃木県・40代男性)などの声が聞かれました。


この記事の筆者:柿崎 真英 プロフィール
2019年よりフリーランスライター・エディターとして活動。月刊誌やニュースサイト編集者としてのバックグラウンドを持つ。現在はローカルメディアでの活動を中心に、エンタメ・トレンド記事なども執筆。
次ページ
10位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • AIに負けない子の育て方

    多様化する中学受験…実施校が爆増した「新タイプ入試」「英語入試」に受かるのはどんな子か

  • 海外から眺めてみたら! 不思議大国ジャパン

    日本人には日常すぎて衝撃! 外国人が「最高に素晴らしい!」と称賛する日本のいいところ厳選3

  • 恵比寿始発「鉄道雑学ニュース」

    東海道新幹線の「個室」が100系以来、四半世紀ぶりに復活! 「どこに設けられる?」JR東海に聞いた

  • 「婚活」の落とし穴

    「男らしさ」がしんどい若者たち。「女性より稼いで当然」「デートもリードすべき」と言われても