「ナンバープレートにしたい」と思う島根県の地名ランキング! 2位「松江市」に大差をつけた1位は?

All About ニュース編集部では、「あったらうれしいナンバープレートの地名」に関するアンケート調査を実施しました。この記事では「ナンバープレートにしたいと思う島根県の地名」ランキングをご紹介します。

「ナンバープレートにしたい」と思う島根県の地名ランキング! 2位「松江市」に大差をつけた1位は?
「ナンバープレートにしたい」と思う島根県の地名ランキング! 2位「松江市」に大差をつけた1位は?

All About ニュース編集部は1月15日~3月18日の期間、全国の10~60代の男女221人を対象とした「あったらうれしいナンバープレートの地名」に関するアンケート調査を実施。

今回はその中から、「ナンバープレートにしたいと思う島根県の地名」ランキングの結果を紹介します。

>4位までのランキング結果を見る

2位:松江市

2位は「松江市」でした。島根県で1番の人口を誇り、中核を担う市町村です。

日本海に面していることに加え、市内には「中海」と「宍道湖」といった湖、広大な「中国山地」があり、豊かな自然が魅力。中核都市であることから生活環境もととのっており、日本全国の市町村で暮らしやすい場所と認識されているようです。

また、日本全国に現存する「12天守」の1つである「松江城」をはじめ、観光スポットが存在することも松江市の知名度に貢献しているかもしれません。

アンケート回答者からは「島根県といえば松江だから」(神奈川県/40代女性)、「国宝のお城があるので」(東京都/50代女性)、「県庁所在地で有名な観光地だから」(兵庫県/30代女性)、「島根県で一番の都会で、名前も品があります」(東京都/40代女性)などのコメントがありました。

1位:出雲市

1位は「出雲市」でした。島根県の主要都市の1つで、すでに存在するナンバープレートの地名です。

日本を代表するパワースポット「出雲大社」をはじめ、「神話のふるさと」と称されるほどの歴史的な文化遺産が市内に存在しています。旧暦10月には、日本中の神様が出雲に集まってくるとの言い伝えがあるようです。

出雲市を選択したアンケート回答者からは、「出雲の地名が使われたナンバープレートから縁起のよさを感じられるかもしれない」などとの声が寄せられています。「出雲大社を連想する」といったコメントもあったことから、出雲に伝わる神話にあやかりたい人も多いのではないでしょうか。

その他にも「漢字のもつイメージと音の響きがいいから」(滋賀県/60代女性)、「出雲大社に因んでありがたいイメージだから」(岐阜県/60代女性)、「出雲大社で全国的に有名だから」(愛知県/60代男性)、「出雲大社をイメージできてご利益がありそうだから」(徳島県/50代女性)などのコメントがありました。

 

※回答者コメントは原文ママです

​​​​​​この記事の筆者:長谷川 優人
1990年生まれ。30代突入と同時期に未経験でライター業を開始。日常系アニメと車好き。女性声優さんにも関心をもち個人的にイベントへ参加している。現在の所有車はスズキ ワゴンR(MH95S)。各地のアニメ作品の舞台となった場所を聖地巡礼すべくドライブに出かける。

次ページ
4位までのランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • 「婚活」の落とし穴

    「年の差婚」の限界点……男性40代×女性20代は結婚相談所でも0.5%のスーパーレア案件だった!

  • ヒナタカの雑食系映画論

    映画『デデデデ』が大傑作になった5つの理由。『前章』『後章』の構成の意義と、現実に投げかける希望

  • ここがヘンだよ、ニッポン企業

    親を就活に巻き込むオヤカク、オヤオリ…“学校化”が進む企業に忍び寄る「毒ハラ」とは?

  • 「港区女子」というビジネスキャリア

    「港区女子=事業資金集め」という選択肢。昼は不動産営業、夜は港区ラウンジ嬢だった30代女性の現在