文武両道だと思う「神奈川県の公立進学校」ランキング! 1位「横浜翠嵐高校」、2位は?

All About ニュース編集部は、首都圏の公立進学校に関するアンケートを実施しました。今回は文武両道だと思う「神奈川県の公立進学校」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:横浜翠嵐高校公式Webサイト)

横浜翠嵐高校(画像出典:横浜翠嵐高校公式Webページ)
横浜翠嵐高等学校(画像出典:横浜翠嵐高等学校公式Webサイト)
All About ニュース編集部は、2023年11月30日~2024年3月4日の期間、全国10~60代の130人を対象に、首都圏の公立進学校に関する独自アンケート調査を実施しました。今回はその中から、文武両道だと思う「神奈川県の公立進学校」ランキングを紹介します。

>5位までの全ランキング結果を見る

第2位:湘南高等学校

2位は、湘南高等学校でした。1921年(大正10年)に神奈川県立湘南中学校として開校し、創設以来「文武両道」を理念に掲げています。

2023年の現役東大合格者数は13人、有名私立大学にも多数合格者を出すという県内トップクラスの大学進学実績を維持しながらも、部活動でも上位大会に続々と進み、目覚ましい成績を収めています。

回答者からは、「駿台予備校の東大進学コースに、湘南高校の生徒が沢山いたから」(30代女性/東京都)、「昔からスポーツも勉強も神奈川でトップなので」(50代女性/神奈川県)という声がありました。

第1位:横浜翠嵐高等学校

1位は、横浜翠嵐高等学校でした。1914年(大正3年)に神奈川県立第二横浜中学校として開校された、歴史のある学校です。

部活の加入率は90%を超え、とても活発に活動していますが、勉強と部活を両立させることから、平日は1日、土日はどちらか1日を活動休止と決められているようです。

2022年度の現役東大合格者数は35人、難関国立10大学+国公立医学部医学科の現役合格者数も年々増えています。

回答者からは、「地元でも頭が良く行きたい学校として人気があったイメージだから」(20代女性/神奈川県)、「東大進学者数を近年は大きく伸ばしながら、部活もそれぞれに楽しく活動していて、結果も出しているから」(50代女性/埼玉県)という声がありました。

※回答者のコメントは原文ママです
次ページ
5位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化