『新空港占拠』第8話 最後の獣・犬の正体判明に「二番煎じ」の声 『大病院占拠』に似すぎとの指摘も…

3月2日に放送されたドラマ『新空港占拠』第8話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:日本テレビ『新空港占拠』公式Webサイト)

櫻井翔さんが主演するドラマ『新空港占拠』(日本テレビ系)。3月2日に放送された第8話のストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。


>前回(第7話)のあらすじはこちら

新空港占拠
画像出典:日本テレビ『新空港占拠』公式Webサイト

第8話のあらすじ

“獣”から抜けて単独行動をとる鼠・大河(ジェシー)が、武蔵(櫻井翔)の妻・裕子(比嘉愛未)の首に時限爆弾を仕掛け、武蔵に裕子の罪を突き止めるよう指示。和泉(ソニン)たち指揮本部はすぐさま彼らの居場所を特定し、武蔵は本庄(瀧内公美)を連れて現場へ急ぎます。

大河は人質を解放するのではなく制裁を与えるべきだという方針で獣から離脱。獣ではなくケダモノだと自称し単独行動へ。そんな大河に協力者がいる疑惑が浮上し、獣の間で裏切者探しが勃発。羊・詩(山本千尋)、兎・奏(安斉星来)の姉妹が裏切者であるとあぶり出される一方、猿・直樹(岩瀬洋志)と鶏・瀬奈(山谷花純)の恋仲も露見します。

武蔵は裕子の罪が、1年前に大河の姉・百花(楠木杏)の命を救えなかったことだと突き止めます。裕子の上司である外科部長が要人の対応を優先したせいで失われた命。裕子は何も知らなかったとはいえ、腐った仕組みの一員に収まっていることに罪があると糾弾する大河。裕子を連れたまま、獣を裏切った詩らが待つ空港へと向かいます。

大河のハッキングから“獣ちゃんねる”を取り返した龍・悠月(高橋メアリージュン)は、双子の妹である蛇・紗季(宮本茉由)とともに武蔵の姉・二葉(奥貫薫)を拘束して配信を開始。一方、指揮本部では最後の獣「犬」であることを明かした情報分析官の岩槻(白石聖)が、武蔵のインカムに爆弾を仕掛けて指揮本部を占拠。すると悠月は二葉に対し、武蔵の命が惜しければ兄・健一(本多遼)の失踪の事実を話すよう要求して――。

新空港占拠
画像出典:日本テレビ『新空港占拠』公式Webサイト

最後の獣・犬の正体判明に「やっぱり」「二番煎じ」の声

獣たちが空港を占拠するに至った全ての元凶が、武蔵の兄・健一の失踪につながっていると示唆された第8話。二葉は「兄の失踪の理由を知りたくないか」という誘いに乗って拉致され人質になっていたはずですが、実際は全ての真相を知っていたのでしょうか。

また、情報分析官の岩槻が最後の獣・犬だと判明し、武蔵に爆弾を仕掛けて指揮本部を占拠するという行動に。前作『大病院占拠』でも情報分析官の駿河がスパイだったためか、X(旧Twitter)では、「犬の正体は駿河の二番煎じみたいで驚きもなかったなぁ」「やっぱり岩槻さんでしたか…」「明らかに挙動不審な感じが怪しかったもんな」「犬は岩槻、本庄は本当に味方? 色んな答え簡単に出すぎている」などのコメントが寄せられています。

一方、龍・悠月の口からは「Mプロジェクト」という言葉が。空港建設にまつわる重要な計画であり、獣たちが奮起するに至った元凶であることは間違いなさそう。こちらも『大病院占拠』に登場した「P2計画」の二番煎じに甘んじない展開に期待です。

『新空港占拠』あらすじバックナンバー

第7話
第6話
第5話
第4話
第3話

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も