『新空港占拠』第7話 真の“山猫”は別の人物? ジェシー“大河”の暴走で櫻井翔“武蔵”怒りの衝撃展開に

2月24日に放送されたドラマ『新空港占拠』第7話のストーリーをおさらいしつつ、今後の見どころに迫ります。(画像出典:日本テレビ『新空港占拠』公式Webサイト)

櫻井翔さんが主演するドラマ『新空港占拠』(日本テレビ系)。2月24日放送の第7話では、ラストに予想外の衝撃展開が。ストーリーをおさらいしつつ、SNSで話題のコメントとともに今後の見どころを紹介します。


>前回(第6話)のあらすじはこちら

新空港占拠
画像出典:日本テレビ『新空港占拠』公式Webサイト

第7話のあらすじ

空港を占拠した“獣”たちは人質全員がいる部屋に爆弾をしかけ、“山猫”の正体を暴くよう武蔵(櫻井翔)に要求。殺人の罪に問われている天童(黒沢あすか)が山猫の正体につながるヒントを持っていると知った武蔵は、彼女とともに逃走。和泉(ソニン)は武蔵の確保に動き出します。

空港では人質の北見(手塚とおる)が牛(ラランド・サーヤ)を人質に取り返し、爆弾を解除するよう要求。龍(高橋メアリージュン)が拒否したことで、獣たちの間では衝突が発生します。同じ頃、本庄(瀧内公美)は拘置所の大和(菊池風磨)から山猫の情報とともに、龍と蛇・駿河(宮本茉由)が双子の姉妹である事実を聞き出します。

山猫からの指示で天童を消すために迫ってきた綾部(吉田健吾)を返り討ちにしながら、武蔵は山猫の正体が北見であると突き止めます。綾部を調べると、北見の養子だったことが判明。武蔵の追求により北見は自分が山猫だと認め、人質にかけられた爆弾は解除。龍は「まだ知るべき事実がある」と言うと、人質のうち4人を解放します。武蔵の姉・二葉(奥貫薫)はいまだ捕らわれたまま。

一方、裕子(比嘉愛未)を人質に逃亡を続けていた鼠・大河(ジェシー)は、山猫の正体が北見ではなく別の人物だと突き止めていました。大河は“獣ちゃんねる”を乗っ取り、武蔵に「おまえの妻が1年前に犯した罪を明らかにしろ」と要求。裕子の首には時限爆弾が。その姿を見た武蔵の怒りは頂点に達し――。

新空港占拠
画像出典:日本テレビ『新空港占拠』公式Webサイト

ジェシー“大河”暴走の理由と山猫との関係とは?

獣たちは占拠する前から「北見=山猫」だと認識していたのにもかかわらず、武蔵に正体を暴かせようとしていた様子。それが真の山猫をあぶり出すためだったとすると、やはり山猫は武蔵に関係しているのでしょうか。そんな中、単独行動で暴走する大河が裕子を人質に取り配信をジャック。怒り狂った武蔵渾身の「うそだろ……」と「許さねえ……!」に次回への期待を煽られました。

X(旧Twitter)では、「視聴者の考察の先を行くストーリー。良くも悪くも心臓に悪い」「今回も警察に内通者がいそうだけど、本庄さんはほんとに警察の仲間?」「犬=お巡りさん?」「状況的に岩槻が犬かなぁ」「大河が開いたファイル名が“Mプロジェクト”ってタイトルだったけど、武蔵のM?兄が絡んでる?」など考察が過熱しています。

空港に残された人質は、現状では山猫だと目されている北見、武蔵の姉・二葉、空港社長秘書・宇和島(濱津隆之)、客室乗務員の庭瀬(結城モエ)。彼らが残された理由とは一体何なのでしょうか?

第8話では、武蔵が裕子を救うため本庄を連れて急いで現場へ向かう一方、大河の暴走で駿河が異変に気付き、獣たちの間で裏切者のあぶり出しが始まり再び衝突。いよいよ“犬”の正体が明らかになる模様。武蔵は裕子を救えるのか、大河が裕子に恨みを抱く理由とは? 怒涛(どとう)の展開に注目です。

『新空港占拠』あらすじバックナンバー

第6話
第5話
第4話
第3話
第2話

この記事の筆者:地子給 奈穂
編集・ライター歴17年。マンガ、小説、雑誌等の編集を経てフリーライターに転向後、グルメ、観光、ドラマレビューを中心に取材・執筆の傍ら、飲食企業のWeb戦略コンサルティングも行う。  

Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化