【無印良品】3月1日から定番「レトルトカレー」23品をまさかの値下げ! “お得”に試したい名品は?

値上げのニュースばかりが続く昨今。無印良品が2024年3月1日から人気のレトルトカレーのうち定番品を値下げするという、驚きのニュースを発表しました。この機会に試してほしい無印良品のレトルトカレーの隠れた名品をご紹介します。

無印良品の看板
一部のレトルトカレーの値下げを発表した無印良品
毎月値上げのニュースが続く昨今。帝国データバンクによると、2024年3月に値上げされる食料品は728品目にものぼる見込みだそうです。

このような状況の中、無印良品がレトルトカレーの一部を3月から値下げするといううれしいニュースが飛び込んできました。

無印良品は、原材料価格の高騰などから2023年1月に1度レトルトカレーを値上げしていましたが、配送方法を見直し、輸送コストを削減。今回の値下げを実現させたそうです。

対象となるレトルトカレーは23品目で、390円が350円という新価格(いずれも税込)になります。取り扱いのあるローソンは3月5日から、それ以外は3月1日から値下げ価格となります。

無印良品のレトルトカレーといえば、バターチキンカレーが有名ですが、おいしいのはバターチキンカレーだけではありません。今回は値下げされるカレーの中から、これを機にぜひ試してほしい「隠れた名品」を3つ厳選してご紹介します。

素材を生かした 辛くない グリーンカレー

無印良品「辛くないグリーンカレー」
「素材を生かした 辛くない グリーンカレー」180グラム(税込350円)
グリーンカレーを食べたいけれど辛いのは苦手という人にぜひ1度食べてもらいたいのが、「素材を生かした 辛くない グリーンカレー」です。

無印良品で発売されているスタンダードなグリーンカレーはやはり辛いですが、「素材を生かした 辛くない グリーンカレー」は唐辛子を使わず、ココナッツミルクとハーブで仕上げてあり、無印良品レトルトカレーの辛さの目安となる5つの唐辛子マークもゼロとなっています。

素材を生かしたカレー プラウンマサラ(海老のクリーミーカレー)

「素材を生かした ブラウンマサラ」
「素材を生かしたカレー プラウンマサラ(海老のクリーミーカレー)」180グラム(税込350円)
濃厚なカレーを食べたい人には、南インドのシーフードカレーをお手本にした無印良品の「素材を生かしたカレー プラウンマサラ(海老のクリーミーカレー)」がおすすめ。

エビのうま味とココナッツミルクで仕立てられた、濃厚なコクがあるカレーです。こちらは5段階の辛さマークは2で、筆者の感覚では多少辛さを感じるかなという程度です。

素材を生かした 牛ばら肉の大盛りカレー

「素材を生かした 牛バばら肉の大盛りカレー」
「素材を生かした 牛ばら肉の大盛りカレー」300グラム(税込350円)
たっぷりカレーを食べたいという人にイチ押しなのが、「素材を生かした 牛ばら肉の大盛りカレー」。他のレトルトカレーの内容量は180グラムですが、こちらは300グラム入っていて同じお値段です。

ゴロゴロと入った牛ばら肉の脂の甘みと数種類のスパイスで、味に深みのあるカレーとなっています。5段階の辛さマークでは4となっています。激辛は苦手な筆者ですが、こちらの辛さは「辛っ!」と言いながらも楽しめる程度です。

カレー専門メーカーよりも多い約50種類ものレトルトカレーをラインアップしている無印良品。半数近い23品目が値下げされたので、この機会に新しい味をぜひ試してみてください。
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化