好きな「60代のイケおじ俳優」ランキング! 1位は「​​​​​​​松重豊」、では2位は?

俳優の中には、年齢を重ねることで人気が出る「イケおじ俳優」が存在します。今回は、そんな「イケおじ俳優」にスポットを当てた、好きな「60代のイケおじ俳優」ランキングを紹介します。(サムネイル画像出典:『孤独のグルメ』公式Xより)

芸能界では多数の「イケおじ俳優」が活躍中。年齢を重ねるごとに渋さを増して人気を獲得している俳優は数多く存在しています。

All About ニュース編集部では2月6~20日、全国10~70代の467人を対象に「イケおじ俳優」に関するアンケート調査を実施。その中から、「好きな60代のイケおじ俳優」ランキングを紹介します!

>9位までの全ランキング結果を見る

2位:遠藤憲一

2位には、「遠藤憲一」さんがランクイン。

1961年6月28日生まれの遠藤さんは、1983年にドラマ『壬生の恋歌』(NHK)でデビューしたとされ、コワモテの風貌を生かして多くの作品で悪役を担当。その後も名バイプレイヤーとして映画、ドラマに出演し続け、個性的な演技で人気を集めます。

ほかにも、『ドクターX〜外科医・大門未知子〜シリーズ』(テレビ朝日系)をはじめ、『湯けむりスナイパー シリーズ』(テレビ東京系)などに出演。現在も、『君が心をくれたから』(フジテレビ系)に参加するなど、60代ならではの渋い演技を見せています。

回答者からは、「役柄が悪役のことが多い方ですが、普段の話し方が優しくギャップに魅力を感じます」(山梨県/10代男性)、「渋いだけでなく、ユーモアがある」(長崎県/30代女性)、「落ち着いた雰囲気がありつつも、トークで明るさや雰囲気が変わるところが好き」(沖縄県/30代女性)といった意見が挙がりました。

1位:松重豊

1位には、「松重豊」さんがランクインしました。

1963年1月19日生まれの松重さんは、大学卒業と同時に蜷川幸雄さんが主宰した「GEKISYA NINAGAWA STUDIO」に入団。舞台を中心に活動を続け、名バイプレイヤーとしてさまざまな映画やドラマにも出演します。

そんな松重さんは、2012年に『孤独のグルメ』(テレビ東京系)で、主人公・井之頭五郎役を担当し大ブレーク。連続テレビドラマ初主演ながらはまり役となり、大みそかスペシャルが7年連続で放送されるなど、テレビ東京を代表するドラマとしておなじみです。その後も、バイプレーヤーとして数多くの作品に参加し、名演技を披露し続けています。

回答者からは、「音楽にも詳しく、博識さからさらに格好良さを感じた」(石川県/40代女性)、「年相応な雰囲気を出されている俳優さんだと思います」(神奈川県/50代女性)、「いわゆるイケメンという感じではないのですが、静かな演技が光る、個性的で味のある良い役者さんだと思います」(千葉県/60代女性)といった意見が挙がりました。

※回答者のコメントは原文ママです

この記事の筆者:ゆるま 小林
長年にわたってテレビ局でバラエティ番組、情報番組などを制作。その後、フリーランスの編集・ライターに転身。芸能情報に精通し、週刊誌、ネットニュースでテレビや芸能人に関するコラムなどを執筆。編集プロダクション「ゆるま」を立ち上げる。
次ページ
9位までの全ランキング結果を見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    ツッコミどころ満載で愛される『名探偵コナン 紺青の拳』、気になる5つのシーンを全力でツッコんでみた

  • どうする学校?どうなの保護者?

    【PTA免除の儀式】固まる母親を見かね「もうやめませんか?」声をあげた父親に何が起きたか

  • 世界を知れば日本が見える

    大谷翔平選手に「忖度」がないアメリカ。メディアで言及される“矛盾点”を時系列順に整理した

  • AIに負けない子の育て方

    2024年の中学入試は「弱気受験」だったというが…受験者増の人気校に見る、中受親の変化