10年前に人気だった就職企業ランキング! 2位「伊藤忠商事」を抑えた1位は?

10年前に人気だった就職企業ランキング! 10年前にあたる2016年卒の「就職人気企業ランキング」で2位「伊藤忠商事」を抑えた人気企業とは?

10年前に人気だった就職企業ランキング
10年前に人気だった就職企業ランキング
学情は、2025年3月卒業予定の大学3年生と大学院1年生(合計7715人)を対象にインターネット上で実施したアンケート調査結果から「就職人気企業ランキング」を発表(調査期間:2023年4月1日〜10月31日)。その結果に関して、2016年卒〜2025年卒の10年分を比較しました。今回は、10年前にあたる2016年卒の「就職人気企業ランキング」を紹介します。

>10位までの結果&2016~2021年卒のランキングも見る

2位:伊藤忠商事

2位は、「伊藤忠商事」でした。最新の「2025年卒の就職人気企業ランキング」でも総合ランキング1位を獲得し、2020〜2025年卒の6年連続でトップを独占。2016年卒ランキングからの10年間でトップ10にランクインし続けた企業は、伊藤忠商事のみでした。

世界61カ国に約90の拠点を持ち、繊維、機械、金属、エネルギーから情報、金融に至るまで幅広い分野の輸出入を行い、国内外における事業投資など、幅広いビジネスを展開する大手総合商社として、知名度と安定感が学生からの厚い支持を得ています。また、“厳しくとも働きがいのある会社”を目指して、10年以上にわたって取り組んでいる「働き方改革」の成果も注目を集めています。

1位:ANA(全日本空輸)

1位は、「ANA(全日本空輸)」でした。2016〜2019年卒の調査で、4年連続首位を獲得しています。2016年卒の「就職人気企業ランキング」では、「ANA(全日本空輸)」のほか、3位に「オリエンタルランド」、4位に「JTBグループ」、7位に「JAL(日本航空)」と航空・旅行・レジャー関連の企業4社がトップ10入りを果たしています。

2023年には訪日観光客の回復により、業績がコロナ禍前を上回る水準に回復。コロナ禍前に比べてビジネス利用の回復は難航しているものの、国内線のレジャー利用の拡大に今後は期待が寄せられています。

この記事の筆者:福島 ゆき プロフィール
アニメや漫画のレビュー、エンタメトピックスなどを中心に、オールジャンルで執筆中のライター。時々、店舗取材などのリポート記事も担当。All AboutおよびAll About ニュースでのライター歴は5年。
次ページ
10位までの全ランキング結果&2016~2021年卒のランキングも見る
Lineで送る Facebookでシェア
はてなブックマークに追加

編集部が選ぶおすすめ記事

注目の連載

  • ヒナタカの雑食系映画論

    『魔女の宅急便』のマックのCMにそっくり? 映画『化け猫あんずちゃん』のかわいいだけじゃない魅力

  • アラサーが考える恋愛とお金

    子を持たない=キャリア志向と思われる日本社会。少子化対策が「全ての働く女性」に向けられる息苦しさ

  • 「正直、日本ってさ…」外国人に聞くぶっちゃけニッポン

    「インフラ、コンビニ、自動販売機」留学中の20代ロシア人男性が感じる、“日本ならでは”の特徴

  • どうする学校?どうなの保護者?

    「PTAがないと保護者は学校や行政に要望できない」はホント? 思い込みが要望の実現を妨げる例も